beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

アジア杯を戦う日本、中島と守田が負傷…乾と塩谷を追加招集

このエントリーをはてなブックマークに追加

中島翔哉守田英正が離脱

 日本サッカー協会(JFA)は5日、MF中島翔哉(ポルティモネンセ)とMF守田英正(川崎フロンターレ)が怪我のため離脱し、代わってMF乾貴士(ベティス)、DF塩谷司(アルアイン)を招集すること発表した。

 2017年6月にサンフレッチェ広島からアルアインに移籍した塩谷は、昨年12月に開催されたクラブ・ワールドカップで4試合にフル出場。2得点を挙げ、開催国代表として出場したチームを準優勝に導いた。日本代表招集は2015年10月以来となる。一方の乾は、ロシア・ワールドカップ以来の復帰となった。

 日本はアジアカップのグループリーグで9日にトルクメニスタン、13日にオマーン、17日にウズベキスタンと戦う。

●アジアカップ2019特設ページ

TOP