beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

酒井宏不在のマルセイユが大失態…国内杯で仏4部に完敗

このエントリーをはてなブックマークに追加

マルセイユがまさかの敗戦

[1.6 フランス国内杯 アンドレジュー2-0マルセイユ]

 クープ・ドゥ・フランス(フランス国内杯)は6日にラウンド64が行われ、DF酒井宏樹所属のマルセイユは仏4部のアンドレジューに0-2で敗れた。酒井はアジアカップに出場する日本代表メンバーに招集されたため、欠場となっている。

 マルセイユは前半17分に先制を許す。アンドレジューに右CKからDFブライアンのヘディングシュートでゴールを割られてしまう。前半はそのまま0-1で折り返すと、後半38分にはGKスティーブ・マンダンダがはじいたところをMFフロリアン・ミラに決められ、追加点を決められた。

 酒井を欠いたものの、MFディミトリ・パイェやMFフロリアン・トバン、MFルイス・グスタボ、GKマンダンダと一線級の選手を揃えたマルセイユ。しかし、2019年の初戦は黒星となった。

 すでにヨーロッパリーグやクープ・ドゥ・ラ・リーグ(フランスリーグ杯)も敗退しており、マルセイユは今シーズンのカップ戦をすべて落とした。昨年11月末から未勝利が続いており、ルディ・ガルシア監督の去就にも注目が集まっている。

●フランス・リーグアン2018-19特集

TOP