beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

大迫2発に堂安決勝点!!森保J、トルクメニスタンに苦戦も逆転発進

このエントリーをはてなブックマークに追加

後半26分にチームの3点目を決めたMF堂安律をチームメイトが祝福

[1.9 アジア杯F組第1節 日本3-2トルクメニスタン アブダビ]

 アジアカップは9日、グループFの第1節を行い、日本代表はアブダビのアルナヒヤーン・スタジアムでトルクメニスタン代表と対戦し、3-2で競り勝った。前半26分に先制を許したが、後半11分、15分とFW大迫勇也の連続ゴールで逆転。同26分にMF堂安律の追加点で3-1と突き放した。その後、PKで1点を返されるも3-2で逃げ切り、白星発進。日本は13日の第2戦でオマーン代表と対戦する。

 日本は右臀部の打撲で合流が遅れていた大迫も1トップで先発した。MF中島翔哉不在の2列目はMF原口元気が左サイドに入り、右にMF堂安律、トップ下にMF南野拓実。中盤ではDF冨安健洋がMF柴崎岳とダブルボランチを組んだ。最終ラインは右からDF酒井宏樹、DF吉田麻也、DF槙野智章、DF長友佑都。GK権田修一がゴールを守った。[スタメン&布陣はコチラ]

 序盤からビルドアップでパスミスが目立つ日本はなかなかリズムに乗れない。前半12分、左後方から柴崎が入れたアーリークロスに堂安が飛び込むが、ヘディングシュートは力なくGKにキャッチされた。

 5-4-1のシステムでブロックを形成するトルクメニスタンは中央を締めて日本の攻撃を跳ね返し、カウンターから好機を探る。前半17分にはMFアフメト・アタエフからのロングフィードにMFルスラン・ミンガゾフが反応。最終ラインの背後を取ってPA内左のスペースにラストパスを出すが、FWバヒト・オラズサヘドフのシュートは角度がなく、権田が防いだ。

 このプレーで獲得した左CKのチャンス。MFアルスラン・アマノフのキックは権田の頭上を越え、吉田のマークを振り切ったDFメカン・サパロフがヘディングシュートを放つ。フリーでシュートを許したが、これはクロスバーを越え、難を逃れた。

 しかし、先制したのはアジアカップ初勝利を目指すトルクメニスタンだった。前半26分、日本は敵陣で仕掛けた堂安がマイナスに戻したパスをミンガゾフに奪われる。そのままドリブルで持ち上がったミンガゾフからパスを受けたアマノフはPA左手前から右足を一閃。無回転気味のミドルシュートはブレながら権田の手を弾いてゴールネットに突き刺さった。

 まさかの先制点を許した日本だが、その後もリズムをつかめない。前半30分、長友のアーリークロスを堂安が落とし、大迫が振り向きざまに左足でシュートを放つが、ゴール右へ。同32分には高い位置で大迫がボールを奪い、冨安がミドルシュートを打ったが、GKに弾かれた。逆に前半36分、トルクメニスタンはオラズサヘドフの仕掛けからアタエフが左足で強烈なシュート。決定的な場面だったが、権田が鋭い反応で弾き出した。

 1点ビハインドで後半に折り返すと、日本の攻撃の時間が続く。後半6分、堂安の右クロスに逆サイドから原口が飛び込むが、ヘディングシュートはゴール左へ。それでも同11分、左サイドのタッチライン際でボールを受けた原口がドリブルで中に仕掛け、斜めのパスをPA内で受けた大迫が鋭い切り返しから右足でゴール右へ流し込んだ。

 エースの同点ゴールで試合を振り出しに戻すと、その4分後の後半15分、再び大迫がゴールネットを揺らした。吉田のロングフィードを左サイドの原口が頭で落とし、ゴールラインぎりぎりから長友が右足アウトでゴール前に折り返す。これを大迫が右足で無人のゴールに難なく押し込んだ。

 大迫の連続ゴールで2-1と逆転した日本は後半26分、柴崎の縦パスが相手にカットされるもこぼれ球に大迫が反応。ワンタッチで南野に当てると、南野もダイレクトでPA内に走り込む堂安へ。堂安は巧みなターンから左足でシュートを放ち、これがゴール右隅へ吸い込まれた。

 3-1とリードを広げた日本は直後の後半27分、南野に代えてFW北川航也を投入する。ところが同33分、ハーフウェーライン付近で北川がボールを奪われ、1本のパスでFWアルティムラト・アンナドゥルディエフがPA内に進入。GKと1対1を迎え、ドリブルでかわそうとしたところで権田に倒された。権田にはイエローカードが示され、PKを献上。トルクメニスタンはこれをアタエフが豪快にゴール右上へ突き刺し、2-3と1点差に追い上げた。

 同点を目指して勢いに乗るトルクメニスタンに攻め込まれる場面もあったが、後半アディショナルタイムの4分間を含めて3点目は許さず。3-2で逃げ切った森保ジャパンが苦しみながらも初戦を白星で飾った。

(取材・文 西山紘平)

●アジアカップ2019特設ページ
決勝弾の裏には“強気な姿勢”…堂安律、悪夢のパスミスも「謝る気はさらさらなかった」
「師匠がミスをカバーできなかった」堂安のゴールを喜ぶ長友の“美しき師弟愛”
「前半はやりたいサッカーに固執しすぎた」原口がベンチの乾と見い出した修正点
デビュー3戦目のボランチ起用…20歳冨安「もっと守備で助けたかった」
「それは僕が招いたこと」失点そのものより権田が悔やんだのは…
7試合見据えたコンディショニング、麻也は自省も「今日がピークとは思わない」
アジア杯3度目の長友、大苦戦スタートも「全部想定内」
20歳冨安と初コンビも…柴崎岳「やりづらさは感じない」
決勝アシストも満足せず、南野「自分がシュートを打つ場面が少なかった」
アジアを熟知する槙野が“バージョン変化”の必要性を提言
“理想”どおりの幕開けに…苦戦を喜ぶ酒井宏樹「とても大きな試合」
「あの失点で相手も盛り返した」北川はPKにつながるミスを反省
「この結果は驚き」トルクメニスタン監督は惜敗に胸張る
選手採点

TOP