beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

トッテナムとマンU、番記者が選ぶ相手から引き抜きたい選手は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

代表で好連携を見せるFWマーカス・ラッシュフォードとFWハリー・ケイン

 プレミアリーグ第22節が13日に行われる。今節最大のビッグカードはトッテナムマンチェスター・ユナイテッドによる一戦だ。

 トッテナムは今季開幕前に補強をしなかったことが注目を集めたが、シーズンが始まると、その円熟度で好調をキープ。リーグ戦、リーグカップでライバル・チェルシーを破るなど、強さを見せてプレミアリーグで3位につける。ユナイテッドは昨年末にジョゼ・モウリーニョを解任し、オレ・グンナー・スールシャールを招聘してから絶好調。就任から公式戦5連勝を飾り、リーグでも6位まで順位を上げてきた。そこで、『Goal』では両クラブの番記者にある質問をぶつけた。

 それは「相手のクラブから一人誰か補強するならどの選手?」というもの。ユナイテッドの番記者を務めるクリス・ボークスは「ここ数週間の攻撃は確かに満足行くもの」としつつ、抜け目なく“補強候補”の名前を挙げた。

ハリー・ケインはやはりトッテナムから引き抜きたい選手の一人だ。トッテナムもかなりのビッグクラブとなってきたが、それでもユナイテッドにとって常に興味深い選手の一人だろう」

 一方、トッテナムに『Goal』の番記者はいないため、ロンドンのクラブをフォローし、チェルシーの番記者でもあるニザール・キンセラに同様の質問を行った。ニザールの答えは現在の順位を表すようなものとなっている。

「トッテナムがユナイテッドの誰かに嫉妬するとは思えないね。トッテナムの補強予算がユナイテッドよりはるかに小さなものだとしてもね。ただ、マウリシオ・ポチェッティーノは左サイドバックを求めているし、ルーク・ショーは良いかもしれない。それにマーカス・ラッシュフォードはケインとも良い連携を代表で見せているし、トッテナムでも成功するかもね」

 ともに両チームの10番を欲するトッテナムとユナイテッド。代表では絶妙な連携を見せる2人だが、今回はどちらに軍配が上がるだろうか。

●プレミアリーグ2018-19特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP