beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

岡崎慎司にハダースフィールドから獲得オファー?今季プレミア先発はわずか1試合

このエントリーをはてなブックマークに追加

岡崎慎司に対してハダースフィールドが獲得に興味

 レスター・シティに所属するFW岡崎慎司(32)に対して、ハダースフィールドがアプローチを試みたようだ。英『スカイ・スポーツ』が報じている。

 2015年6月にマインツからレスターに加入した岡崎は、同シーズンにプレミアリーグ優勝を経験。今シーズンでレスター在籍4年目となる。だが、クロード・ピュエル監督のもとで出場機会に恵まれず、今季はここまでリーグ戦13試合に出場も、先発はわずか1試合のみとなっている。

 今シーズン限りで契約が満了する岡崎に対して、ガラタサライなどが獲得に関心を示していると報じられる中、ハダースフィールドが水面下でレスターに接触。デビッド・ワーグナー監督は「我々の選手ではない。私は何も確認していない」と言葉を濁しているが、オファーを打診したようだ。

 岡崎は、2022年のカタール・ワールドカップ出場を目指してヨーロッパでのプレー続行を希望。ハダースフィールドは現在最下位に沈み、21試合を終えてわずか13得点。チーム最高得点がDFのマティアス・イェルゲンセンとなっており、新たなFW獲得が噂されている。

●海外組ガイド
●プレミアリーグ2018-19特集

TOP