beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ブラインドサッカーの「ワールドグランプリ」の抽選会を開催。日本代表の開幕戦は3月19日、ロシア代表に決定

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本障がい者サッカー連盟・北澤豪会長がドローワーとして参加

 日本ブラインドサッカー協会(JBFA)は11日、文京区のJFAハウスで国際視覚障害者スポーツ連盟(IBSA)の公認大会「IBSA ブラインドサッカーワールドグランプリ 2019」(3月19-24日、品川区天王洲公園)の参加国発表および組み合わせ抽選会を行った。

 8カ国が参加し、日本代表の開幕戦は3月19日にロシア代表に決まった。平日のため、ナイター開催となる。ロシア代表とは過去、対戦がなく、初対戦。日本代表のエース川村怜主将は「対戦経験のない国とやれるのは楽しみ」とした上で「去年は試合内容にこだわったところもありましたが、今年は試合で勝ちあがる経験をして、そのプロセスでどんな風景が見えるか楽しみ。勝利にこだわりたい」と力をこめた。

 最新の世界ランク9位の日本代表と同じグループAには開幕戦のロシア代表(同13位)に加え、強豪・スペイン(同4位)、コロンビア(同11位)が入り、グループBにはアルゼンチン(同2位)、トルコ(同6位)、昨年準優勝のイングランド(12位)、タイ(同17位)が入った。8か国が2グループにわかれ、19~21日に1回戦総当たりのグループリーグを行う。22日の予備日を挟み、23日に準決勝および下位トーナメント、24日に決勝、3位決定戦、順位決定戦が行われる。開幕カード以外の試合日程は後日、改めて発表される。

 ワールドグランプリは、JBFAがブラインドサッカー日本代表の2020年東京パラリンピックでのメダル獲得および、ブラインドサッカーの世界への普及を目的に、IBSAと協議を重ねて実現した初めての国際公認大会で、昨年からスタート。2020年まで3年続けて都内で開催することが決まっている。第1回となった昨年は6か国が参加し、アルゼンチンが優勝した。日本代表は開幕戦で、大会準優勝のイングランドに勝ったが、6か国中5位に終わった。

右から川村怜、高田敏志監督、北澤豪会長

【大会開催概要】
▼出場国:8カ国
(グループA) 
日本、スペイン、コロンビア、ロシア

(グループB) 
アルゼンチン、トルコ、イングランド、タイ

▼スケジュール
3月19~21日 A、B組に分かれてグループリーグ   
3月22日   予備日 
3月23日   準決勝、下位トーナメント
3月24日   順位決定戦、3位決定戦、決勝

▼チケット販売
2月9日より一般販売開始

(取材・文 林健太郎)

●障がい者サッカー特集ページ

TOP