beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

6年ぶりJ1挑戦の大分、2019シーズンのキャプテンおよび副キャプテンを発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年に続き、DF鈴木義宜が主将を務める

 大分トリニータは2019シーズンのキャプテンおよび副キャプテンが決定したことを発表した。

 6年ぶりのJ1挑戦となる大分は、キャプテンにDF鈴木義宜(26)を、副キャプテンにはGK高木駿(29)、MF松本怜(30)、MF馬場賢治(33)、MF丸谷拓也(29)の4名を選出している。

 主将・鈴木を始め、それぞれがクラブ公式サイトを通じてコメントを発表している。

以下、コメント

・鈴木
「今年、大分トリニータのキャプテンを務めることになりました。チームの目標であるJ1残留を達成するために、みんなを引っ張っていきます。大分トリニータへの応援を宜しくお願いします」

・高木
「J1にチャレンジするためにはチームの長所や特徴をいかに出せるか、そして全員が自信を持って堂々とプレーすることが大事なので、そのための雰囲気作りを大切にしたいと思います。副キャプテンとしての責任を持ち、さらに成長できるように努力します」

・松本
「在籍7年目にして初めて副キャプテンを任されたことを光栄に思います。副キャプテンとしてよりも一選手としてトリニータがより良いチームになるように、練習から示していけるように努めていきたいと思います」

・馬場
「今シーズン副キャプテンを務めさせていただくことになりました。キャプテンを支えることはもちろん、今までと変わらずチームが一体感を持って進んでいけるように日々全力で取り組んでいきます。よろしくお願いします」

・丸谷
「今シーズンも副キャプテンをさせていただくことになりました。まずは自分のプレーをしっかりして、その上でチームとキャプテンのサポートができるように頑張りますので、大分トリニータへの応援を宜しくお願いします」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●2019年Jリーグ移籍情報

TOP