beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

バルサ行き報道のラビオ、バイエルンが争奪戦に参戦?1月の獲得に向けてパリSGにオファー

このエントリーをはてなブックマークに追加

去就が注目されるMFアドリアン・ラビオ

 バイエルンは、パリSGに所属するMFアドリアン・ラビオの1月の獲得に乗り出すかもしれない。フランス『RMC』が伝えた。

 今季限りでパリSGとの契約が満了となるなか、クラブとの延長交渉が合意に至らなかったことでベンチ外が続くラビオ。イギリス『ガーディアン』は先日、週給17万ポンドの条件で今季終了後にバルセロナに渡ると伝え、フリーでパリSGを去る可能性を濃厚と報じていた。

 しかし、ここに来てバイエルンが23歳を巡る争奪戦に参戦。『RMC』によると、バイエルンのハサン・サリハミジッチSD(スポーツディレクター)は数日前にパリSG幹部と接触し、今月中の獲得に向けて移籍金を提示したという。加えて、バイエルンはラビオ側とも接触していると伝えられている。

 これまでクラブで公式戦200試合以上に出場し、フランス代表でも6キャップを記録してきたパリSGの生え抜きであるラビオだが、移籍金を残す形で故郷クラブを去ることになるのだろうか。

●フランス・リーグアン2018-19特集
●ブンデスリーガ2018-19特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP