beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

昨年クラブ史上最年少でプロ入り…名古屋DF菅原が契約更新「多くの喜びを分かち合えるように」

このエントリーをはてなブックマークに追加

名古屋DF菅原由勢が契約更新

 名古屋グランパスは12日、DF菅原由勢(18)と2019年シーズンの契約更新に合意したことを発表した。

 名古屋の下部組織出身の菅原は昨年2月に2種登録され、J1開幕戦で史上2番目の若さとなる17歳7か月27日で先発出場。同4月にはクラブ史上最年少となる17歳10か月でプロ契約を締結した。同シーズンはJ1リーグ戦13試合、ルヴァン杯4試合、天皇杯2試合に出場している。

 クラブ公式サイトを通じて「今年こそは真っ赤に染まるスタジアムで素晴らしいファン・サポーター皆さんの前で勝利し多くの喜びを分かち合えるように個人としてもチームとしても闘っていきたいと思います。名古屋グランパスという歴史あるクラブでさらに歴史を作りましょう!」とコメントした。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●2019年Jリーグ移籍情報

TOP