beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「まだ決勝の舞台に戻ってきただけ」…流経大柏DF関川郁万が見据えるのは頂点のみ

このエントリーをはてなブックマークに追加

流経大柏高(千葉)DF関川郁万(写真協力・高校サッカー年鑑)

[1.12 選手権準決勝 瀬戸内0-5流経大柏 埼玉]

 頭一つ抜けていた。打点の高いヘディングでチーム3点目を記録するだけでなく、本職の守備でも貢献する。流通経済大柏高(千葉)DF関川郁万(3年)は、前回大会で悔しさを味わった決勝の舞台に戻ってきた。

 試合開始早々の前半4分に先制したチームは同10分に追加点を奪取。そして、同42分にはMF岡本竜(3年)が送ったクロスに対してファーサイドから走り込んだ関川が頭一つ抜けるヘディングで叩き込み、チーム3点目を奪った。

「CKが何本かあって、1本目に触れたけどゴール上に行ってしまった。一発で仕留めないといけないところだけど、ショートコーナーから良いボールが来たので本当に触るだけだった」

 準々決勝・秋田商戦でイエローカードを1枚もらっていた影響もあり、リードを4点差に広げた直後の後半13分にMF渡会武蔵(2年)と代わってベンチに下がったものの、チームは同29分に加点して5-0の大勝を収め、2年連続での決勝進出を決めた。

 2年生だった前回大会もレギュラーとして奮闘。初戦となった2回戦から準決勝までの4試合を無失点で勝ち上がった。そして、前橋育英高との決勝でも90分間ゴールを許さずに試合を進めたものの、アディショナルタイム2分に大会初失点となる決勝点を奪われ、頂点を目の前にして0-1で敗れた。

「去年の借りを返す場所に行くには、勝たないといけない過程だったので、まずは勝てたことが一番。帰ってこないといけない場所に帰ってきたなという感じです」

 だが、決して気を緩めることはない。「まだ決勝の舞台に戻ってきただけ」と強調すると、「勝たないといけない。今日勝ったからといって浮かれず、明後日の決勝に照準を合わせて頑張りたい」と前回大会でたどり着けなかった頂点だけを見据える。

(取材・文 折戸岳彦)

●【特設】高校選手権2018

TOP