beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

アーセナルが手痛い敗戦…古巣戦でプレミア復帰のナスリに決勝アシスト許す

このエントリーをはてなブックマークに追加

古巣戦でプレミアリーグ復帰を果たしたMFサミル・ナスリが決勝アシスト

[1.12 プレミアリーグ第22節 ウエスト・ハム1-0アーセナル]

 アーセナルは12日、プレミアリーグ第22節でウエスト・ハムと対戦し、0-1で敗れた。

 5日に行われたFA杯(国内杯)ブラックプール戦で主力を温存しながらも3-0で快勝したアーセナル。1日の第21節フルハム戦(4-1)と同じ11人を起用し、前線にFWピエール・エメリク・オーバメヤンとFWアレクサンドル・ラカゼット、FWアレックス・イウォビが並んだ。

 試合は後半立ち上がりに動く。3分、ウエスト・ハムはMFフェリペ・アンデルソンが右サイド深くまで運び、クロスはMFグラニト・ジャカにクリアされるが、PA右でMFサミル・ナスリがこれを拾う。ナスリが中央へ丁寧に落としたボールを19歳MFデクラン・ライスが右足ダイレクトでゴール右隅に決め、ウエスト・ハムが1-0とした。

 2008年夏から2011年夏まで在籍し、プレミア復帰戦となったナスリのアシストにより、先制を許したアーセナルは、11本のシュートを放ちながらも枠内シュートはわずか2本。シュートの精度を欠き、最後まで追いつくことができず、0-1で敗戦を喫した。これでアーセナルは直近6試合で2勝1分3敗と勝ち切れない試合が続いている。

●プレミアリーグ2018-19特集

TOP