beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

鬼気迫る奮闘も…伊東「目に見える結果が欲しかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

足首を痛めながらもフル出場した日本代表MF伊東純也(柏)

[1.17 アジア杯F組第3節 日本2-1ウズベキスタン アルアイン]

 日本代表が誇るスピードスターは後半途中に右足首を痛めながらも、最後の最後までピッチを走り抜いた。しかし、足を引きずりながら取材エリアに現れたMF伊東純也(柏)は大車輪の奮闘にも満足した様子は見せず、「チャンスは多かったけど、シュートの精度を上げないといけない」と課題ばかりを語った。

 攻撃ではセットプレーのキッカーとカウンターの最先鋒を務め、守備では相手のドリブル突破に一足先に寄せていく。後半途中には相手選手と接触し、痛みに顔を歪める姿も見られたが、まさに鬼気迫るパフォーマンスを90分間にわたってやり抜いた。

 だが、その表情は浮かなかった。それは「1点差じゃ危ないと思っていたので、チャンスがあれば狙っていた」というミドルシュートが決まらなかったから。そして、突破からのクロスが得点につながらなかったからだ。「チャンスに多く絡むことができたし、目に見える結果が欲しかった」と淡々と語った。

 途中出場したグループリーグ第2節のオマーン戦でも決定的なシュートをGKに止められ、「次は結果を残したい」と語っていた伊東。「あのメンツで90分間やるのは初めてで、合わない部分はあったけど、勝ち切れて良かった」という実りある一戦を経て、次こそはこだわってきた得点を狙う構えだ。

(取材・文 竹内達也)

●アジアカップ2019特設ページ

TOP