beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

関東復帰の産業能率大新入部員に選手権で“衝撃ゴール”の高速FW岡、青森山田右SB橋本、市船FW城定ら

このエントリーをはてなブックマークに追加

選手権で流経大柏から“衝撃ゴール”を決めたFW岡健太(徳島市立高)は産業能率大

 4年ぶりに関東大学リーグ2部へ昇格した産業能率大が、19年の入部予定選手を発表した(協力=関東大学サッカー連盟、産業能率大)。

 選手権などで活躍した選手たちの名が並ぶ。FW岡健太(徳島市立高)は選手権で準優勝校・流通経済大柏高相手に圧巻のスピードを発揮し、“衝撃”ゴールも決めたスピードスター。DF橋本峻弥は正確なキックと対人の強さを武器に青森山田高(青森)の選手権制覇に貢献した右SBだ。FW城定幹大(市立船橋高)は浦和で活躍した城定信次氏を父に持つストライカー。また、FW菅原龍之助(ベガルタ仙台ユース)は仙台トップチームに2種登録されていた長身FWだ。

 クラブユース勢からはU-15日本代表候補歴を持つFW山保璃空と守備能力高いMF中村友哉(いずれも北海道コンサドーレ札幌U-18)、大分トリニータU-18(大分)の主軸CB栗林純、MF小川達也(川崎フロンターレU-18)、MF内田将葵(湘南ベルマーレU-18)、そして東京武蔵野シティFCのトップチームに2種登録されていたGK渥美拓也(東京武蔵野シティFC U-18)も産能大に加わる。

 産能大は地元・神奈川の好選手も獲得。2年時にインターハイに出場している東海大相模高のゲームメーカーFW有馬和希主将とGK夏井隆太、打開力優れたFW田原廉登とパス精度高いMF小野寺亮太(いずれも湘南工科大附高)、選手権神奈川予選4強の横浜創英高CB川内泰樹、MF佐藤怜(川崎市立橘高)とFW桐生大地(旭高)も個の評価高いプレーヤーだ。

 また、高体連からは青森山田の貴重な交代カードとなっていたMF鳥海昴、選手権8強・日本航空高(山梨)のFW稲見龍翔、昨夏の千葉王者・習志野高の柱、MF中澤大翔主将と大型FW打林怜士、能力高いGK菅野九十九、関東大会優秀選手のCB府川宙史(前橋育英高)、2年時に選手権に出場している大型CB安居院旺洞(清水桜が丘高)、2年時のインターハイでゴールを決めているMF久保田拓也(市立長野高)の名も。そして、国体8強を経験している技巧派MF中島怜意(前橋商高)、突破力備えたMF高木健匠(成立学園高)、プレミアリーグメンバーとして登録されていたMF飯塚啓暉(市立船橋高)、プリンスリーグ東海に昇格した富士市立高(静岡)のMF鈴木竜斗、慶誠高(熊本)のMF相馬陸来も産能大での活躍を目指す。 

以下、産業能率大の入部予定選手
▼GK
渥美拓也(東京武蔵野シティFC U-18)
菅野九十九(習志野高)
夏井隆太(東海大相模高)
▼DF
橋本峻弥(青森山田高)
府川宙史(前橋育英高)
川内泰樹(横浜創英高)
安居院旺洞(清水桜が丘高)
栗林純(大分トリニータU-18)
▼MF
中村友哉(北海道コンサドーレ札幌U-18)
鳥海昴(青森山田高)
飯塚啓暉(市立船橋高)
相馬陸来(慶誠高)
小川達也(川崎フロンターレU-18)
中澤大翔(習志野高)
中島怜意(前橋商高)
久保田拓也(市立長野高)
佐藤怜(川崎市立橘高)
小野寺亮太(湘南工科大附高)
内田将葵(湘南ベルマーレU-18)
高木健匠(成立学園高)
鈴木竜斗(富士市立高)
▼FW
菅原龍之助(ベガルタ仙台ユース)
岡健太(徳島市立高)
山保璃空(北海道コンサドーレ札幌U-18)
田原廉登(湘南工科大附高)
有馬和希(東海大相模高)
打林怜士(習志野高)
城定幹大(市立船橋高)
桐生大地(旭高)
稲見龍翔(日本航空高)

※関東大学サッカー連盟の協力により、同オフィシャルサイト(http://www.jufa-kanto.jp/)で発表されたリストを随時掲載致します。なお、大学によっては一般入学等によって新入部員が増える可能性があります。また諸事情により、公表されない大学もあります。

TOP