beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

20歳冨安が決勝ヘッド!! 森保J、強豪サウジを辛くも破って8強へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

先制ゴールを決めたDF冨安健洋を祝福する選手たち

[1.21 アジア杯決勝T1回戦 日本1-0サウジアラビア シャルジャ]

 アジアカップは21日、決勝トーナメント1回戦を行い、日本代表はUAEのシャルジャ・スタジアムでサウジアラビア代表と対戦した。前半20分に決まったDF冨安健洋のA代表初ゴールが決勝点となり、1-0での勝利でベスト8に進出。24日に行われる準々決勝ではベトナムと対戦する。

 日本はグループリーグを3連勝で突破。一発勝負の初戦は主力組中心の布陣で臨んだ。GK権田修一がゴールを守り、4バックはDF酒井宏樹、冨安、DF吉田麻也、DF長友佑都。ボランチはMF柴崎岳、MF遠藤航が組み、2列目には左からMF原口元気、MF南野拓実、MF堂安律が並んだ。1トップにはFW武藤嘉紀が入った。[スタメン&布陣はコチラ]

 コイントスに勝利し、エンドを変更した日本だったが、立ち上がりはサウジアラビアがボールを握る時間が続いた。しかし前半7分、武藤のポストプレーから原口が左サイドを突破し、クロスに南野が反応。トラップは高く浮いて流れてしまったが、堂安がボレーシュートを狙って最初のチャンスをつくった。

 サウジアラビアも負けじと攻め込む。前半12分、左サイドを駆け上がったDFヤシル・アルシャハラニのクロスは長友がクリアしたが、こぼれ球を拾ったMFアブドゥルアジズ・アルビシのシュートは吉田が顔面でブロック。同14分にはA・アルビシのFKにMFフセイン・アルモカハウィが合わせ、ゴールわずか左外に飛んだ。

 それでも前半19分、日本は権田のロングキックから南野がファウルを受け、相手陣内でFKを獲得すると、クイックスタートから原口が左サイドを突破し、左からのCKを獲得。同20分、これを柴崎が中央に蹴り込むと、うまくマークをはがした冨安が高い打点のヘディングで押し込み、アジア杯最年少ゴールが貴重な先制点となった。

 その後は柴崎の縦パスで何度かチャンスを迎えた日本だったが、堂安のキックが不発に終わって追加点はならず。前半39分には、相手DFと競り合った武藤にイエローカードが提示され、今大会2回目の警告で準々決勝の出場停止が決まった。終了間際には南野がカウンターからゴールに迫ったが、DFアリ・アルブライヒにカバーされ、1点のリードでハーフタイムを迎えた。

 後半2分、MFサレム・アルダウサリのシュートをキャッチした権田が敵陣左サイドにロングフィードを送り、抜け出した武藤がFKを獲得。これを柴崎が中央に蹴り込み、ニアの吉田がヘディングで合わせたが、ボールはGKモハンメド・アルオワイスの正面を突いた。同6分には、右サイドを突破した堂安のフィードがPA内の南野に通るも、肩でのトラップにハンドの判定が下された。

 日本は後半13分、柴崎の左CKに遠藤が合わせるもヘディングシュートは枠外。同15分には相手CKからのカウンターに原口が抜け出し、相手を振り切ってのロングフィードがPA内に通ったが、切り返して打った武藤のシュートは相手に当たってゴールマウスを外れ、ビッグチャンスを生かせなかった。

 後半17分、右サイドを切り裂いたFWファハド・アルムワラドが吉田を抜き去り、折り返しがPA内のS・アルダウサリに通ったが、右足シュートは大きく上に外れて命拾い。日本はなかなか攻めに出られない展開が続き、消耗が積み重なっていく。同25分には武藤のファウルでFKを与えると、波状攻撃からアルブライヒのヘッドがゴール右上を襲った。

 劣勢が続く日本は後半32分、森保一監督がようやく動き、南野に代わってMF伊東純也を投入。堂安をトップ下に変更し、伊東は右サイドに入った。対するサウジアラビアはアンカーのオタイフを下げてFWモハンメド・アルサイアリを入れ、攻撃の人数を増やす。同36分にはカウンターから堂安が前を向いたが、武藤へのパスは通らなかった。

 日本は後半39分、冨安のパスカットから堂安が縦に流し、伊東が右サイドを突破したが、堂安のところでファウルがあったという判定。同42分にはカウンターからピンチを迎えたが、長友の必死なブロックで難を逃れた。日本は同43分に堂安に代わってDF塩谷司、同アディショナルタイムに武藤に代わってFW北川航也を入れ、逃げ切り態勢。そのままタイムアップを迎え、4試合連続の1点差勝利でベスト8進出を果たした。

(取材・文 竹内達也)

●アジアカップ2019特設ページ
「マンツーに変えてきた」歴史的V弾の20歳冨安、サウジ弱点を初見で看破
成長著しい20歳の相棒にCBの訓示…麻也「ワンプレーで評価が下がる。その難しさ付きまとう」
慌てず動じず完封の長友「ポゼッションでサッカーをするわけではない。勝ったチームが強い」
割り切って守備の防波堤に…遠藤航「絶対にボールを持って戦うみたいなプライドはない」
足つるまで走り切った武藤、次戦は出場停止に「ベトナムを倒してくれると信じている」
サウジのボール支配率76.3%にも酒井宏樹「全然サプライズではなかった」
“2番封じ”を決断した原口、ハードワークの秘訣は「勝ちたいから」
柴崎は守勢の勝利に満足なし「こういう試合を繰り返さない」
堂安は我慢の試合 「フローニンゲンでプレーしている感覚」で守備に奔走
信頼起用の塩谷、仲間の無念も背負い…「青ちゃんも、守田くんも、翔哉も、拓磨もそう」
「僕にとっては今日が決勝」離脱の青山が試合前の仲間に託した思い
選手採点

TOP