beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

元新潟DFが延長戦で千金ヘッド!!韓国がバーレーン下して8強へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国がバーレーンを延長戦で下した

[1.22 アジア杯決勝T1回戦 韓国2-1(延長)バーレーン]

 アジアカップの決勝トーナメント1回戦で、韓国代表がバーレーン代表を延長戦の末に2-1で下した。

 先制点を決めたのは韓国だった。前半43分、右クロスをこぼれ球をFWファン・ヒチャンが右足で流し込み、前半を1点リードで折り返す。ゴール後には負傷のために代表を離脱したMFキ・ソンヨンの背番号16を示して喜びを表した。

 しかし後半は一転、バーレーンが反撃を開始。すると後半32分、途中出場のFWマフディ・アル・フマイダンのシュートはゴールカバーに入ったDFにかき出されたが、こぼれ球をFWモハメド アル ロマイヒが左足で蹴り込んで試合を振り出しに戻した。

 試合は90分で決着がつかず、延長戦に突入。そして延長前半アディショナルタイム2分、右クロスを一番遠いサイドでダイビングヘッドで合わせたDFキム・ジンスの千金弾で勝ち越し。新潟でプレー経験を持つ同選手は延長戦に入って投入されていた選手だった。

 試合はこのまま韓国が1点リードして進行。そして日本の佐藤隆治主審が試合終了の笛を吹いた瞬間、韓国の7大会連続となる8強進出が決まった。

 韓国の準々決勝は25日に行われ、カタール対イラクの勝者と対戦する。

●アジアカップ2019特設ページ

TOP