beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

イブラが俺流のアドバイス「ケインよ。“並のトッテナム”から移籍しろ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

イブラヒモビッチがハリー・ケインに移籍を促した

 元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(37)が、トッテナムで活躍するイングランド代表FWハリー・ケイン(25)に、より大きなものを掴みたいという野心があるなら移籍するよう促した。英『ミラー』が伝えている。

 ユース時代からトッテナムに在籍しているケインは、レスター・シティなどでの武者修行を経て、2013-14シーズンからトップチームでプレー。すると、徐々に出場機会を増やし、イングランド最高のストライカーへと成長を遂げ、15-16シーズンと16-17シーズンにプレミアリーグ得点王に輝いた。

 この活躍によりビッグクラブも関心を示しているが、トッテナムでのプレーを続けるケイン。過去にアヤックスやインテル、バルセロナ、ミラン、パリSGなど所属したクラブのほとんどでリーグタイトルを獲得しているイブラヒモビッチは「彼は良いストライカーだと思うよ。まだ成長中だけど、良いものを持っている」と称えつつ、金言を授けた。

「だけど、俺がいつも言っているように『ビッグクラブでプレーしろ』と言いたいね。“並のクラブ”であるトッテナム以外でね。トッテナムは素晴らしいチームだと思うし、マウリシオ・ポチェッティーノという素晴らしい監督がいる。だけど、全てを勝ち取れるレベルにはないよ」

「人々はその選手が勝ち取ったタイトルで記憶する。彼はそれを成し遂げることができると思うよ。ただ、彼は動く必要がある。もし勝ち続けたいなら移籍するべきだろう」

●プレミアリーグ2018-19特集

TOP