beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[日本高校選抜選考合宿]尚志FW染野唯月「最後の選手権で優勝できればいい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

19年、尚志高の注目FW染野唯月は高校選抜入りと代表定着、そして選手権優勝を目指す

 第97回全国高校サッカー選手権の優秀選手を中心に構成された日本高校選抜選考合宿が24日、静岡県内でスタートした。最終的に18名が日本高校選抜として4月に欧州遠征を行い、第57回デュッセルドルフ国際ユースサッカー大会(ドイツ)に出場する。

 FW染野唯月(尚志高2年)は選手権準決勝で優勝校の青森山田高相手にハットトリックを達成。5得点を挙げて得点王(他2人)に輝いた2年生ストライカーは、高校選抜選考合宿初日の紅白戦で2ゴールを決め、その得点力を改めて証明した。ボールを収める部分や周囲を使う動きへの評価も高い染野が選手権についてや、高校選抜、19年の意気込みについて語った。

―選手権を振り返って。
「個人としては得点王という目標を選手権が始まる前に立てていたので、それができて本当に良かったんですけれども、自分は点は決めたけれど、青森山田に最後の最後で負けてしまったというのは個人としても、チームとしても、悔しい結果に終わってしまったと思っています」

―準決勝でハットトリックを記録するなど、高い評価を得た大会でもある。
「でも、チームを勝たせれる選手にならないといけないし、その中で個人の評価も大事になってくると思う。まずはチームのことを考えて、その後に個人を求められているので……。ただ、個人という考えでは良い大会だったのかなと自分の中で思っています」

―青森山田の選手や監督からも高い評価を得ていた。
「嬉しいけれど…(悔しいが上回った?)ハイ」

―高校選抜候補メンバーに選ばれた感想と、合宿初日の感想を。
「自分はまだまだ。選ばれたというのは嬉しいですけれども、これからに向けて頑張っていきたいです。きょうの練習から点も獲れましたし、一方で守備が自分の中の課題でもあるので、本当に再確認出来た初日だったと思います」

―2得点については?
「1点目はこれまでの自分だったらファーしか考えていなくて、外すシーンが多かったんですけれども、上手くニアにもファーにも打てるという身体の向きを自分の中でも作れたからニアにシュートを打てたと思います。(ターンから決めた)2点目も上手く相手の前に身体を入れられたと思っています」

―今回の合宿で意識する選手は
「(青森山田の)佐々木銀士選手は自分に似たプレーヤーだと思っていて、学べるところが多いと思っているので意識していきたいです」

―欧州遠征で外国人相手に試したい部分は?
「身体も大きいのでその中でどれだけボールを収められるかを試して行きながら、あとはゴール前の落ち着きというところを周りからも評価されていますし、それを見せれればいいかなと思っています」

―2019年の意気込みを
「まずは代表に選ばれ続けるのもそうですし、今年からプレミア(リーグ)でできるので、そこで自分たちがレベルアップして、最後の選手権で優勝できればいいと思っています」

(取材・文 吉田太郎)

●【特設】高校選手権2018
2019日本高校選抜欧州遠征特設ページ

TOP