beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ウルグアイ指揮官がコパ・アメリカ同組の日本に言及「大会に寄与するだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウルグアイ代表を率いるオスカル・タバレス監督

 南米サッカー連盟(CONMEBOL)は24日、ブラジルで今年6月に開幕するコパ・アメリカの組み合わせ抽選会を行い、日本代表ウルグアイ代表、エクアドル代表、チリ代表と同じグループCに入った。アルゼンチン『エル・イントランシヘンテ』がウルグアイを率いるオスカル・タバレス監督のコメントを伝えている。

 タバレス監督は2006年からウルグアイを指揮。2011年にはアルゼンチンで開催されたコパ・アメリカを制し、南米年間最優秀監督賞にも輝いている。

 抽選会に出席した71歳の名将は今大会の組み合わせについて「簡単なグループも難しいグループもない。それはメディアが作るものであり、フットボールの中には存在しない」と言及した。

 グループCで同居する日本とは、昨年10月16日に国際親善試合として埼玉スタジアムで対戦し、3-4で敗れている。同監督はそれを踏まえ、「我々は昨年末に対戦した。(日本は)強く、非常に成熟されたチームだと思う。今回のコパ・アメリカのレベルに大きく寄与することになるだろう」と語った。

 招待国として1999年大会以来20年ぶり2度目の出場となる日本は6月17日の第1戦でチリ、20日の第2戦でウルグアイ、24日の第3戦でエクアドルと対戦する予定となっている。

以下、試合日程※現地時間

▽グループリーグ
第1戦
6月17日(月)
日本 20:00 チリ [サンパウロ]

第2戦
6月20日(木)
ウルグアイ 20:00 日本 [ポルトアレグレ]

第3戦
6月24日(月)
エクアドル 20:00 日本 [ベロオリゾンテ]

▽決勝トーナメント
準々決勝
6月27日(木)〜29日(土)

準決勝
7月2日(火)21:30/3日(水)21:30

3位決定戦
7月6日(土)16:00

決勝
7月7日(日)17:00

●コパ・アメリカ(南米選手権)2019特集ページ

TOP