beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

帰ってきた大迫が貫禄2発!! 森保J、難敵イラン破ってアジア杯決勝へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

2得点を挙げたFW大迫勇也(ブレーメン)

[1.28 アジア杯準決勝 日本3-0イラン アルアイン]

 アジアカップは28日、アルアインのハッザーア・ビン・ザイードスタジアムで準決勝を行い、日本代表イラン代表に3-0で勝利した。右臀部痛から待望の先発復帰を果たしたFW大迫勇也が貫禄の2ゴール。2月1日の決勝ではカタール対UAEの勝者と対戦する。

 日本は準々決勝のベトナム戦(◯1-0)から先発1人を変更。FW北川航也に代わって大迫が5試合ぶりの先発復帰を果たした。2列目は右にMF堂安律、トップ下にMF南野拓実、左にMF原口元気。MF柴崎岳、MF遠藤航がダブルボランチを組み、4バックは右からDF酒井宏樹、DF冨安健洋、DF吉田麻也、DF長友佑都。GK権田修一がゴールを守った。[スタメン&布陣はコチラ]

 立ち上がりは一気に日本が押し込み、開始30秒足らずで原口がPA左を駆け上がってファーストシュート。その後も激しい局面のぶつかり合いが続く中、的確にプレスをかいくぐった日本が主導権を握る。前半8分には大迫、堂安がワンタッチでつなぐと、南野がPA右をえぐる場面も見られた。

 イランは1トップのFWサルダル・アズムンにロングボールを放り込んでくるが、吉田と冨安が落ち着いて対応。日本は前半11分、FWバヒド・アミリのロングスローからピンチを招くも、遠藤のクリアからカウンターをしかけて陣地を回復し、同12分には長友の高速クロスに南野が飛び込んで決定機を導いた。

 日本は前半17分に柴崎の左CKから吉田が頭で合わせ、同19分には人数をかけたコンビネーションから堂安が左足で狙ったが、いずれもわずかに枠外。イランは同22分、MFエフサン・ハジサフィとのワンツーからアズムンが抜け出し、柴崎の股を抜いてシュートを狙ったが、権田がかろうじて脚ではじき出した。

 徐々に勢いを増してきたイランは前半27分、今度はハジサフィのロングスローが立て続けに日本ゴール前を襲う。同35分には森保一監督が吉田をピッチサイドに呼んで指示を出す場面も。その後は互いにセットプレーで見せ場をつくったが、両チーム守備陣の奮闘もあり、スコアレスのままハーフタイムを迎えた。

 イランは後半1分、ハジサフィのミドルシュートが酒井のハンドリングを誘ってPA際でFKを獲得。同3分、これをデジャガが右足で狙ったが、ボールは大きく右上に外れていった。対する日本も自陣左サイドからのビルドアップで徐々に前進を試み、長友や原口がオーバーラップする場面をつくった。

 すると後半11分、ついに日本がスコアを動かした。柴崎の縦パスを大迫が収めると、左に抜けた南野にノールックのスルーパス。一度は相手に倒された南野だったが、相手の隙を突いて左サイドを駆け上がって中央にクロスを送ると、ハイジャンプを見せた大迫がヘディングで流し込んだ。

 5試合ぶりの先発復帰を果たした大迫は今大会3点目。イランはここまで5試合無失点が続いていたが、大会初の失点を喫した。ところが日本は直後、自陣での競り合いで遠藤が負傷。倒れ込んだまま起き上がることができなくなり、同15分にDF塩谷司が投入された。

 それでも日本は後半18分、PA内で収めた大迫から南野にボールが渡り、鋭いクロスがDFモルテザ・プーラリガンジの手に当たってPKを獲得。主審はビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の助言を受け、モニターで再確認したが判断は変わらず。これを大迫が右に決めてリードを2点に広げた。

 日本は後半26分、右サイドで堂安と大迫がつなぎ、酒井が突破からグラウンダーで折り返したが、走り込んだ原口にはわずかに通らず。そのプレーで足を痛めた酒井は同28分、DF室屋成との交代でピッチを退いた。その直後には右サイドをドリブルで切り裂いた堂安のカットインシュートがGKを襲った。

 日本は後半39分、クリアボールを収めた南野が柴崎につなぎ、左からのクロスに堂安が飛び込んだが惜しくも通らず。同44分には堂安に代わってMF伊東純也がピッチに立った。日本は同アディショナルタイム、単独突破でPA内に侵入した原口のゴールでダメ押しの3点目。今大会初めて複数点差で勝利した日本が中3日で迎える決勝戦に歩みを進めた。

(取材・文 竹内達也)

●アジアカップ2019特設ページ
チームメイトがこぞって大迫を礼賛「面白いように収まる」「周りが輝く」
「森保さんが伝えたかったこと」を体現した南野のファインプレー
20歳冨安に称賛の嵐「スーパープレーの連続」「規格外」「プレーが良すぎて」
エース封じの“新アジアの壁”冨安「20番がイライラしていたのは気づかなかった」
出場時間トップも謙虚すぎる20歳…冨安の成長の秘訣「引きずらず、くじけず、やり続けること」
乱闘騒ぎも「初めてキャプテンらしいことをした」と麻也、ザックとの決勝希望
求め続けてきた追加点…原口が仕上げの一発「リスクを冒してうまくいった」
“してやったり”の柴崎岳「良い意味で期待を裏切った」
「今日の長友は180分行けた」自画自賛の32歳、饒舌に誇った『強豪の証』
“日本人の良さ”誇った堂安、決勝進出にはあっさり「特別意味はない」
遠藤航は左太腿裏負傷で決勝欠場へ…「チームを信じるだけ」
4戦連続完封も“つなぎ”のミスを反省する権田「こういうのがいつか失点につながる」
UAEとの決勝を望む塩谷「明日は彼らを応援したい」
“見習うべき選手”の代役務め…室屋は決勝に意欲「優勝しかない」
セルフジャッジで足を止め…イラン監督「失点の仕方で精神的に…」
選手採点

TOP