beacon

開始3分で先制も…リバプール、岡崎出場のレスターとホームで痛恨ドロー

このエントリーをはてなブックマークに追加

リバプールはサディオ・マネのゴールで先制も…

[1.30 プレミアリーグ第24節 リバプール1-1レスター・シティ]

 プレミアリーグは30日、第24節を行った。リバプールはホームでFW岡崎慎司の所属するレスター・シティと対戦し、1-1で引き分けた。ベンチスタートの岡崎は後半39分からピッチに立った。

 リバプールは19日のクリスタル・パレス戦から2人を変更。出場停止のMFジェームズ・ミルナーとMFファビーニョに代え、MFジョルジニオ・ワイナルドゥムとMFジェルダン・シャキリが先発に名を連ねた。

 前日に2位マンチェスター・シティ(勝ち点56)がニューカッスルに敗れたため、勝ち点差を広げたい首位リバプール(勝ち点60)。前半3分、左サイドのDFアンドリュー・ロバートソンに展開したFWサディオ・マネがPA左でFWロベルト・フィルミーノのパスを受けて右足を振り抜く。華麗なパスワークからゴール右隅に流し込み、あっさり先制に成功した。

 しかし、前半アディショナルタイム2分にレスターが追いつく。右サイド深くで獲得したFKからMFジェームス・マディソンがゴール前に蹴り込むと、MFウィルフレッド・エンディディのシュートでこぼれたボールをDFベン・チルウェルがヘッドでPA内へ送り、フリーで抜け出したDFハリー・マグワイアが右足で押し込み、試合を振り出しに戻した。

 後半はスコアが動かず、1-1のまま試合終了。リバプールは勝ち点1獲得にとどまり、シティを突き放すことができなかった。対するレスターは連敗が「2」でストップしたが、3試合白星なしとなっている。

●海外組ガイド
●プレミアリーグ2018-19特集

TOP