beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

にじり寄る不調の波…ユーベが今季初の2戦連続未勝利、試合終了間際に痛恨失点

このエントリーをはてなブックマークに追加

パルマが試合終了間際に同点に追いついた

[2.2 セリエA第22節 ユベントス3-3パルマ]

 セリエAは2日に第22節を行い、ユベントスはホームでパルマと対戦し、3-3でドロー。FWクリスティアーノ・ロナウドが今季17ゴール目となるドッピエッタ(1試合2得点)を挙げたものの、パルマに試合終了間際に追いつかれ、今季初の公式戦2試合連続未勝利に終わった。

 ユベントスはDFジョルジョ・キエッリーニやDFレオナルド・ボヌッチら守備の要が負傷により離脱中。1月に3度目のユベントス復帰を果たしたDFマルティン・カセレスが先発メンバーに名を連ねた。さらに、FWマリオ・マンジュキッチが負傷から復帰した。

 1月30日のコッパ・イタリア準々決勝・アタランタ戦で0-3の完敗を喫し、国内試合で今季初黒星を味わった王者ユベントス。前半36分、MFブレズ・マトゥイディのパスを受けたC・ロナウドがPA左で滑りながらも右足シュートを放ち、先制に成功する。

 ユベントスは1-0で前半を折り返し、後半17分に追加点。マンジュキッチがPA左から折り返し、C・ロナウドのこぼれ球をDFダニエレ・ルガーニが押し込んで追加点を奪う。しかし、パルマは同19分に1点を返す。右サイドからのアーリークロスをMFアントニーノ・バリッラが頭で合わせて、点差を1点に縮めた。

 だが、ユベントスは再びリードを広げる。後半21分、PA右からのクロスをC・ロナウドが打点の高いヘディングシュートで合わせ、3-1とした。普段なら試合巧者のユベントスが流れを整い始めるが、守備の要を欠く王者に不調の波がにじり寄る。

 パルマは後半29分、右サイドからのグラウンダーのクロスをFWジェルビーニョがヒールキック。ボールはルガーニに当たりながらゴールへと吸い込まれてしまう。1点差としたパルマは試合終了間際の同アディショナルタイム3分過ぎ、FWロベルト・イングレーゼがPA右から折り返して再びジェルビーニョが右足シュート。ゴールネットを豪快に揺らしながら、試合を振り出しに戻した。

 試合は3-3のドローで終了。ユベントスは30日のコッパ・イタリアに続いて再び3失点を浴び、今季初の公式戦2試合連続の未勝利となった。

●セリエA2018-19特集

TOP