beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

フローニンゲン板倉、加入後初ベンチ入りもデビューはお預け

このエントリーをはてなブックマークに追加

板倉はデビューはお預けも勝利を喜んだ

 オランダ・エールディビジは2日、第20節を行った。フローニンゲンは敵地でビレムに2-1で勝利。前半で奪った2点のリードを守り抜いた。2試合ぶりの勝利で勝ち点を21に伸ばし、降格圏を脱出した。

 DF板倉滉は加入後初のベンチ入り。しかし出番はなく、デビューはお預けとなった。日本代表でアジアカップに出場したMF堂安律は欠場。

 MF小林祐希の所属するヘーレンフェーンは敵地でフィテッセと対戦し、2-2で引き分けた。試合終盤まで1点ビハインドだったが、後半アディショナルタイム3分にFWサム・ラマースがPKを決めてドローに持ち込んだ。ヘーレンフェーンの勝ち点は22。

 小林は2試合連続のベンチスタート。しかし出番はなく試合を終えている。

●海外組ガイド
●オランダ・エールディビジ2018-19特集

TOP