beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

プレミアの試合中に黒猫が乱入! 抜群のキレある動きにビハインドのサポは「彼を獲得しろ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

プレミアリーグの試合中に黒猫が乱入

 2日に行われたプレミアリーグ第25節、エバートンウォルバーハンプトンの試合中に“珍客”が現れた。イギリス『BBC』など複数メディアが伝えた。

 2連勝中のウォルバーハンプトンが3連勝を狙って8位のエバートンと敵地で対戦。序盤に先制するも追いつかれたウォルバーハンプトンは、前半の終了間際に勝ち越すと、後半には追加点を奪って3-1で勝利した。

 この試合の後半、ウォルバーハンプトンが3点目を挙げた直後の後半21分、ピッチ上に一匹の黒猫が乱入。ホームチームの不甲斐ない戦いをみかねたのか、黒猫はピッチ上をキレのある動きで走り回る。2点ビハインドにフラストレーションを溜めていたエバートンのサポーターからは、「彼と契約しろ、彼と契約しろ」と大合唱が起こった。黒猫は約3分間にわたってピッチ上を駆け回った後、自ら退場している。

 試合後、ウォルバーハンプトンのヌノ・エスピリト・サント監督は黒猫について言及。イギリスの一部地域で黒猫は“幸運の象徴”とされているが、同監督の出身地では逆の意味を持っているようで、「私の出身国であるポルトガルでは、黒猫は不吉なことの象徴なんだ。だから、二度と会いたくはないね」とコメント。黒猫の登場後もイギリスの言い伝えの通り、そのままリードを保つことができたウォルバーハンプトンだったが、ヌノ監督が感謝することはなかった。

 ウォルバーハンプトンは今回の勝利でリーグ戦3連勝を達成。5日に行われるFAカップ4回戦を挟んだ後、11日の次節にはFW武藤嘉紀が所属するニューカッスルをホームに迎える。

●プレミアリーグ2018-19特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP