beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

香川真司の“衝撃デビュー”に長友佑都「あんな球蹴れるなら隠さず先言っといてや。笑」

このエントリーをはてなブックマークに追加

衝撃のデビュー戦となった香川真司

 今冬ドルトムントからベシクタシュに加入したMF香川真司の“衝撃デビュー”をガラタサライDF長友佑都が祝福した。

 香川は3日、アンタルヤスポル戦にベンチ入りすると、4-1とリードした後半36分にピッチに入る。すると、わずか17秒後だった。敵陣中央やや左寄りでパスを受けると、ドリブルからまたぎフェイントをいれて右足一閃。相手DFの股下を抜けたシュートがゴール左に吸い込まれ、移籍後初ゴールを決めた。

 さらに“香川劇場”は続く。得点から2分後の後半39分、ベシクタシュがゴールほぼ正面でFKを獲得。キッカーの香川が右足を振り抜くと、縦回転のかかったシュートがGK手前でバウンドし、ゴール右隅に突き刺さり、投入わずか3分で2点目を挙げた。

 香川の活躍もあってベシクタシュは6-2で快勝。同じトルコリーグでプレーする長友は、自身のツイッター(@YutoNagatomo5)を更新し、「香川真司さん3分で2得点は衝撃的デビューで出来過ぎよ。笑 フリーキック縦回転は初めて見たわ。あんな球蹴れるなら隠さず先言っといてや。笑」と、冗談をまじえながら祝福した。

●海外組ガイド
●トルコ・スーパーリーグ2018-19特集

TOP