beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

柏U-18FW森海渡が目指す「GAMEOVERさせる選手」とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

柏レイソルU-18FW森海渡が目指す「GAMEOVERさせる選手」とは?

「NIKE NEXT HEROプロジェクト」の一環として、高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2018で活躍した選手や、2年生の推薦選手を中心に構成されたプレミアリーグ選抜が1月27日からイングランド遠征を行った。

 ナイキ フットボールの今季のコンセプトは試合を終わらせることを意味する、「GAMEOVER」。柏レイソルU-18(千葉)のFW森海渡(3年)に遠征の感想や自身の目指す試合を終わらせる選手(「GAMEOVER」させる選手)、今年の目標について聞いた。

―今回の遠征で感じたことは?
「まずは上手い選手も多かったですし、普段一緒にやっていない選手とやるのが凄く楽しかったです。凄く良い連係も多くて、初めてやった感じではなく、スムーズに行えていました。そこはみんな凄いと思います。(今回のように、)FAのコーチに教えてもらえる機会はなかなかないと思う。メンタルの部分だったり、フィジカルの部分だったり、色々なことを教えてもらえたので、これからに活かしていきたい」

―自分の目指す「GAMEOVER」させる選手とは?
「やっぱりFWなので、試合を決められるゴールですね。自分が点を決めて、勝たせられるような選手にならなければいけないですし、そういうゴールをたくさん奪えるような選手になりたいです」

―その姿になるためにやるべきことには?
「やっぱり得点パターンを増やすことは大事だと思います。足だけではなくて頭でも。ゴールを奪えるなら、言ってしまえばなんでもいい。それくらい貪欲にゴールを狙っていきたいと思います」

―今年の意気込みを。
「(筑波大へ進学予定)1年目から試合に絡むとかではなくて、1年目から試合に出て、ゴールを奪えるくらいに。そして、代表や大学選抜に選ばれて、少しでも早くプロの世界に入れるようにやっていきたいです」

(取材・文 吉田太郎)
●高円宮杯U-18サッカーリーグ2018 プレミアリーグ特集
●2018高円宮杯プリンスリーグ特集

TOP