beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

市立船橋MF鈴木唯人が目指す「GAMEOVERさせる選手」とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

市立船橋高MF鈴木唯人が目指す「GAMEOVERさせる選手」とは?

「NIKE NEXT HEROプロジェクト」の一環として、高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2018で活躍した選手や、2年生の推薦選手を中心に構成されたプレミアリーグ選抜が1月27日からイングランド遠征を行った。

 ナイキ フットボールの今季のコンセプトは試合を終わらせることを意味する、「GAMEOVER」。市立船橋高(千葉)のMF鈴木唯人(2年)に遠征の感想や自身の目指す試合を終わらせる選手(「GAMEOVER」させる選手)、今年の目標について聞いた。

―今回の遠征で感じたことは?
「自分は高体連からこの合宿に来たんですけど、高体連からは2人しか来ていない。やっぱりJのプレミアリーグで戦った選手から感じたのは、本当に上手いということ。この合宿でも本当にレベルが高くて、色々なことを学ばせてもらって、とても良い経験になっています」

―自分の目指す「GAMEOVER」させる選手とは?
「厳しい時に流れを変えたり、1回のチャンスで試合を決められるような選手だと思います」

―その姿になるためにやっていきたいことは?
「去年、(選手権予選など、下級生で)自分のチームで出ていたのは自分だけで、今年はより求められてくると思う。そういった意味で自分が決められるように、日々努力していきたいと思います」

―今年の意気込みを。
「自分としてはやっぱりプロに入れるようにやることと、チームとしては選手権に2年連続出られていないので、しっかりと出て、選手権で優勝することです。プレミアリーグでは、個人としてしっかり得点を重ねてチームに貢献したいです」

(取材・文 吉田太郎)
●高円宮杯U-18サッカーリーグ2018 プレミアリーグ特集
●2018高円宮杯プリンスリーグ特集

TOP