beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[DFB杯]酒井高&伊藤ハンブルガーSV、久保ニュルンベルク下してベスト8へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

先発フル出場したハンブルガーSVのDF酒井高徳

[2.5 DFBポカール3回戦 ハンブルガーSV 1-0 ニュルンベルク]

 DFBポカール(ドイツ国内杯)は5日、各地で3回戦を行い、DF酒井高徳とFW伊藤達哉が所属するハンブルガーSV(2部)がFW久保裕也が所属するニュルンベルクと対戦し、1-0の完封勝利を収めてベスト8進出を決めた。

 酒井がスターティングメンバ―に名を連ね、伊藤と久保がベンチスタートとなった試合は0-0のまま前半を折り返すと、後半9分にホームのハンブルガーSVが先制に成功。左サイドから送られた折り返しの流れから、FWフィーテ・アープが放ったシュートのこぼれ球をMFベルカイ・エズカンが左足で流し込み、スコアを1-0とした。

 1点のビハインドを背負ったニュルンベルクは後半17分にFWフェデリコ・パラシオスに代えてFWアダム・ズレラクをピッチへと送り込んで状況を打開しようと試みる。すると同25分にはハンブルガーSVベンチも動き、先制点を奪ったエズカンに代えて伊藤を投入した。

 しかし、その後スコアは動かずにハンブルガーSVが1-0のまま逃げ切って完封勝利を収めた。

●海外組ガイド
●DFBポカール2018-19特集

TOP