beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

鹿島ユースMF前田泰良が目指す「GAMEOVERさせる選手」とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

鹿島アントラーズユースMF前田泰良が目指す「GAMEOVERさせる選手」とは?

「NIKE NEXT HEROプロジェクト」の一環として、高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2018で活躍した選手や、2年生の推薦選手を中心に構成されたプレミアリーグ選抜が1月27日からイングランド遠征を行った。

 ナイキ フットボールの今季のコンセプトは試合を終わらせることを意味する、「GAMEOVER」。鹿島アントラーズユース(茨城)のMF前田泰良(3年)に遠征の感想や自身の目指す試合を終わらせる選手(「GAMEOVER」させる選手)、今年の目標について聞いた。

―今回の遠征で感じたことは?
「まず久々の海外遠征ということもあって、外国人のスピードやフィジカル、足が出てくるところは日本にはないところがあって、普段と違うようなことを経験できていて、凄く刺激になりました。また、プレミアリーグの選抜ということで、チームメートも上手い選手だったり、それぞれ特長が凄くはっきりしているような選手が集まっているので、一緒にやっていて共有できる部分だったり、コンビネーションも含めてやっていて楽しかったです。個人としても、成長していけるように、何か大きいものを掴んで帰りたいと思っています」

―自分の目指す「GAMEOVER」させる選手とは?
「自分は前のポジションをやっている。やっぱり大事な時に点が取れることだったり、逆にチームのために守備をして1点を守ったり、大事なところでボールを奪い取ることも相手にとっては嫌なことだと思うので、そこで相手の戦意を喪失させるようなプレーもポイントなのかなと思います」

―そのような選手になってためには?
「今回、監督にも言われているように、ボールに関わり続けることもそうですし、ボールを持っていないところでどれだけ味方と協力できるか、また味方を動かしながら自分も生きていくか、ということを考えていくこと。一番は目に見えるような結果を残していければと思います」

―今年の意気込みを。
「大学(東洋大)進学するので、今年プロに上がった同年代に負けないように、まずは大学で試合に出て、レギュラーとして活躍して、代表やプロの練習参加に繋げていきたいと思います。チームとしては、去年はインカレ初出場しているので、今年も出られるように、リーグ戦1試合1試合にこだわって頑張っていきたいと思います」

(取材・文 吉田太郎)
●高円宮杯U-18サッカーリーグ2018 プレミアリーグ特集
●2018高円宮杯プリンスリーグ特集

TOP