beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

広島ユースMF桂陸人が目指す「GAMEOVERさせる選手」とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

サンフレッチェ広島ユース(広島)MF桂陸人が目指す「GAMEOVERさせる選手」とは?

「NIKE NEXT HEROプロジェクト」の一環として、高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2018で活躍した選手や、2年生の推薦選手を中心に構成されたプレミアリーグ選抜が1月27日からイングランド遠征を行った。

 ナイキ フットボールの今季のコンセプトは試合を終わらせることを意味する、「GAMEOVER」。プレミアリーグチャンピオンシップで優勝したサンフレッチェ広島ユース(広島)の一員で、今回のプレミアリーグ選抜の主将を務めたMF桂陸人(3年)に遠征の感想や自身の目指す試合を終わらせる選手(「GAMEOVER」させる選手)、今年の目標について聞いた。

―今回の遠征で感じたことは?
「今回の遠征では海外の選手とできる最高の機会だと思っていました。その中で海外の選手を相手に自分のプレーがどこまで通用するかを試しに来た中で、試合でもドリブルや背後に抜ける動き出しで通用した部分もあったんですけど、まだまだ通用できていない部分もあったと思う。屈することなくチャレンジし続けていくことと、チームメート全員が本当に自分にない魅力があるので、そういうところを吸収しつつ、負けないようにしていきたいと思います」

―自分の目指す「GAMEOVER」させる選手とは?
「やっぱりチームの中で1番相手から怖い存在にならないといけないと思っている。なので、苦しい時に背後に抜けて一発でゴールを仕留めたり、ドリブルでPAに侵入したり、そういうことを続けていったらゲームを決められると思います」

―そのような選手になるために取り組んでいくことは?
「まだまだ動き出しやドリブルの精度は低いと思っているので、そういうところを練習では意識しています。試合ではやっぱりチャレンジすることが一番だと思っているので、そこをやっていきたいです」

―今年の意気込みを。
「大学(順天堂大)では自分よりも上手い選手、旗手選手だったり、同世代の選手たちもたくさんFWはいて、レベルが高いと思う。まずはケガをすることなく、1年間プレーして、その中で試合に出たら結果を残して、チームを救えるような選手になりたいと思います」

(取材・文 吉田太郎)
●高円宮杯U-18サッカーリーグ2018 プレミアリーグ特集
●2018高円宮杯プリンスリーグ特集

TOP