beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「大きな経験になったはず」フローニンゲン指揮官がアジア杯から復帰の堂安律に期待

このエントリーをはてなブックマークに追加

フローニンゲン指揮官は堂安律に期待

 フローニンゲンのダニー・バイス監督は、アジアカップ2019から帰還したMF堂安律の様子について語った。

 今シーズン、ここまで出場した全試合でフルにプレーし、フローニンゲンのキープレーヤーとして活躍する堂安。しかし、アジアカップを戦う日本代表に招集されたため、チームから離脱し、昨年12月22日のシッタート戦を最後に、リーグ戦3試合に欠場している。

 そして、アジアカップが1日に閉幕し、約1か月ぶりに堂安はフローニンゲンに復帰した。日本代表MFの帰還を受け、チームを指揮するバイス監督は、同選手が準優勝という結果に落ち込んでいたと明かしたものの、すぐに切り替えてフローニンゲンのために戦ってくれるだろうとオランダ『DVHN』に話した。

「もちろん、彼はファイナルで敗れたことにとてもがっかりしていた。しかし、非常に良いトーナメントを過ごし、彼にとって大きな経験になったはずだ。今はすっかりリフレッシュできたようで、元気も良さそうだ。すぐにでもプレーをしたがっている」

 堂安が離脱している間の3試合で、フローニンゲンはPSVに敗れるものの、2勝1敗とまずまずの成績を残す。チームが好調を維持している状態で、どのように日本代表MFを起用するか指揮官の手腕が問われる場面だ。バイス監督は2-1で勝利した2日のビレム戦を振り返り、攻撃面を活性化する役割を同選手に期待しているようだ。

「我々はディフェンス面でまだまだ改善できると思う。ヴィレム戦で我々は彼らを蘇らせてしまった。それと、我々のフットボールを良くして、もっと多くのチャンスを作りたいとも考えている」

 フローニンゲンの次節は10日のフィテッセ戦。この試合で堂安はピッチに立ち、チームを勝利に導けるのだろうか。

●オランダ・エールディビジ2018-19特集
●海外組ガイド
●堂安、板倉の試合も!!“初月無料”DAZNでハイライト配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP