beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

元主将ダニエル逝去…大分が片野坂監督のコメントを発表、「病と戦いながらJ3優勝へ多大な貢献」

このエントリーをはてなブックマークに追加

大分でキャプテンマークも巻いたダニエル

 大分トリニータは11日、10日に逝去したダニエル氏(享年36)へのコメントを発表した。

 ダニエル氏は2009年にヴァンフォーレ甲府でプレーし、12年に名古屋グランパスへ。その後は14年9月から大分でプレーした。15年にはキャプテンマークを巻き、16年にはJ3優勝にも貢献。癌と診断されたことを受け、そのシーズンに現役を引退している。

 その後は闘病生活を続けながら、母国ブラジルの古巣カボフリエンセでU-17のコーチに就任。しかし、10日の朝に死亡が確認されたという。

 クラブ公式サイトでは、「真面目で優しく、チームメイトやスタッフからとても愛された選手でした。今はただ、ダニエル氏のご冥福をお祈りし、謹んで心より哀悼の意を表します」とコメントを掲載。さらに、片野坂知宏監督もダニエル氏について振り返っている。

「この度、ダニエルの訃報を聞いて、あまりにも早くに逝ってしまい非常に残念で悲しく思います。心からお悔やみ申し上げます」

「大分トリニータには2014年から2016年まで在籍してもらい、私は2016年のJ3の時に一緒に戦いました。その時から病と戦いながら身体にムチ打ち、トリニータのJ3優勝へ多大な貢献してくれました。本当に感謝しております。当時の強い精神力、誰よりもチームの成果を優先にプレーしていた事、引退後もきっと病に打ち勝って回復すると思っていました。本当に残念で仕方ありません」

「ダニエルの残してくれた姿勢を胸に刻み、これからも精進し、天国で喜んでくれる成果を出せるように頑張りたいと思います」

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP