beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

バルセロナ、枠内シュートわずか2本でビルバオとスコアレス…L・スアレス「意思疎通なかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

試合を振り返ったFWルイス・スアレス

 10日のリーガ・エスパニョーラ第23節、バルセロナは敵地サン・マメスでのビルバオ戦をスコアレスドローで終えた。FWルイス・スアレスは試合後、チームのパフォーマンスが満足できるものではないことを認めている。

 バルセロナらしくない試合だった。シュート数は8本で、枠内に飛んだのは2本のみ。明確な決定機はほぼ迎えられなかった。対してアスレティックは同じく8本のシュートを放ち、その内5本を枠に飛ばした。しかしGKテア・シュテーゲンが好守を連発したことで、バルセロナは何とか敗戦を免れている。

 試合後、『モビスタール・プルス』とのフラッシュインタビューに応じたL・スアレスは、自チームのパフォーマンスが低調だった理由として、過密日程と意思疎通が不足していたことを挙げている。

「僕たちは立て続けに試合を戦っていて、やっぱりそのことを痛感した」

「選手間で意思疎通が取れていなかった。それはピッチ上の些細なディテールにかかわることだ。僕たちの間で、もっとボールを要求していくべきだったんだ」

 L・スアレスはまた、テア・シュテーゲンについて「彼は世界最高の一人だ。今日、再びそのことを示したね」と称賛の言葉を送っている。

●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集
●柴崎、乾の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP