beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

仏誌が“世界最高クラブ”を選出!「世界で最も裕福で権威あるクラブだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

レアル・マドリーが“世界最高クラブ”に輝いた

 リーガ・エスパニョーラのレアル・マドリーが、フランス誌『フランス・フットボール』選出の“世界最高クラブ”に輝いた。

 バロンドールを主催する同誌は、選手やチームの市場価値、平均集客数、SNSのフォロワー、収入、予算、クラブの歴史的重要性などをポイント化し、“世界最高クラブ”を選定。UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)で前人未踏の3連覇を成し遂げたレアルが“世界最高クラブ”に選ばれた。同誌はレアルを「世界で最も権威があり、最も裕福なクラブだ」と評価している。

 2位はレアルの宿敵バルセロナ、3位には監督交代から無敗を継続しているマンチェスター・ユナイテッドが選出された。なお、トップ10にプレミアリーグ(イングランド)から最多5チームがランクイン。リーガは2チーム、ブンデスリーガ(ドイツ)とセリエA(イタリア)、リーグ・アン(フランス)はそれぞれ1チームが入っている。

1位:レアル・マドリー 184pt
2位:バルセロナ 177pt
3位:マンチェスター・ユナイテッド 151pt
4位:バイエルン 135pt
5位:リバプール 120pt
6位:ユベントス 107pt
7位:パリSG 94pt
8位:チェルシー 91pt
9位:マンチェスター・シティ 89pt
10位:アーセナル 88pt

●セリエA2018-19特集
●プレミアリーグ2018-19特集
●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集
●柴崎、乾の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP