beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「適応は簡単ではなかった…」イニエスタ、日本での半年間を振り返るとともに新シーズンへ意気込み

このエントリーをはてなブックマークに追加

アンドレス・イニエスタが新シーズンへ意気込み

 ヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタは、日本での半年間が自身の想像よりも難しいものだったと認めた。

 バルセロナやスぺイン代表で数々の栄光を手にしたイニエスタ。2017-18シーズン終了後にファーストチームの選手として16シーズンを過ごしたバルセロナから退団した同選手は、Jリーグのヴィッセル神戸に新天地を求めた。

 ヴィッセル神戸に加入以降、リーグ戦14試合に出場して3ゴール3アシストを記録するなど随所でワールドクラスのプレーを見せてきたイニエスタだが、チームは一時降格争いに巻き込まれるなど期待に応えられなかったデビューシーズンとなってしまった。そんな中、元スペイン代表MFは新シーズンを前に、日本での半年間を『Esquire』で振り返った。

「日本での最初の6か月間、スポーツ面においても、プライベートの面においても適応することは簡単ではなかった。僕たちはワールドカップの後にここにやって来たから、準備する時間が十分ではなかった。2つの異なる文化に慣れるために多くの時間を費やしてきたよ。日本の文化は僕たちのものとは根本的に異なるけれど、ようやく馴染めたように感じている。ここでの生活を楽しむ時が来た」

 また、勝利が義務付けられているバルセロナで長年プレーしてきたイニエスタは、カンプ・ノウと日本のファンの違いに戸惑いがあったと明かしたものの、新しい文化に馴染むうえで貴重な経験になっているとも話した。

「6試合や7試合も勝てないときが続いたことは今までになかったし、日本のファンの悪い結果の捉え方がスペインのファンとはとても違うことに驚いた。僕は本当に負けることが嫌いだから、このような考え方に慣れるにはとても難しいとも思ったよ。でも、今は新しい視点で物事を考えるべき時だと思う。彼らも負けることを嫌っているけれど、彼らは負けからまた別の結論を導き出している」

「ここでの生活は、バルセロナでのものより幾分リラックスできている。バルセロナのようなクラブでのプレッシャーはとても大きく、スペインでは空っぽになっていた。でも、神戸に来たことで緊張から解き放たれた」

 新たにヴィッセル神戸に加わったFWダビド・ビジャとともに日本での2シーズン目を迎えるイニエスタは、どのようなプレーを見せてくれるのだろうか。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP