beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

イカルディがレアル・マドリーと契約できなかった理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

レアル・マドリーはマウロ・イカルディ獲得に向けてオファーを検討したが…

 レアル・マドリーが、インテルに所属するアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(25)獲得しなかったのは、彼の代理人で妻でもあるワンダ・ナラ氏が原因のようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

 2013年7月にサンプドリアから加入したイカルディは、2014-15シーズン、2017-18シーズンにセリエA得点王に輝くなどインテルのエースストライカーとして君臨。ここまで公式戦210試合122得点を記録し、2015-16シーズンからキャプテンを務めていた。

 しかし、今月13日にシーズン途中にもかかわらず、インテルがキャプテン変更を発表。これに反発する形で、イカルディ側も14日のヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦第1戦・ラピド・ウィーン戦への招集を拒否し、事態は泥沼化している。

 そもそも、キャプテン変更に至った理由は、契約延長交渉の難航とされている。さらにイカルディの代理人で妻のワンダ・ナラ氏が給料への不満、公の場でチームメイトを批判するなど問題行動を連発。こういったことが原因でインテル側が痺れを切らし、“キャプテン剥奪”という事態に発展したとみられている。

 また、『マルカ』によると、2018年冬にレアルはイカルディ獲得に向け、真剣にオファーを検討していたという。しかし、代理人であるワンダ・ナラ氏の行動を危惧し、レアルは獲得レースから撤退したようだ。イカルディの妹は「もし、あなたにちゃんと面倒を見てくれる真面目な人がついてくれてたら…」と、ワンダ・ナラ氏に対して憤りを露わにしている。

●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集
●セリエA2018-19特集
●柴崎、乾の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP