beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

インテルCEO、イカルディ獲得に関心示すユベントスに反論「ならディバラを…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 インテルのCEOジュゼッペ・マロッタ氏は、18日の株主総会に出席した際にインタビューに応じ、今夏の移籍市場について言及した。『Goal』の取材により明らかになった。

 インテルでは、FWマウロ・イカルディを巡り、キャプテンマークをはく奪するなどの騒動に発展。イカルディの動向はライバルクラブも注視しており、シーズン終了後のエースの流出が心配された。

 ユベントス幹部のファビオ・パラティチ氏は先日、イカルディがFWクリスティアーノ・ロナウドとともに昨夏の獲得候補だったことを告白していたが、さらに『Radio1』のインタビューにおいてもアルゼンチン人FWについて言及。

「現段階でコンタクトはないが、このテーマは6月になれば再燃するかもしれないし、しないかもしれない」などと述べ、獲得の意思を否定しなかった。

 するとインテルCEOも負けずに古巣の元パートナーに反論。ユベントスで出場機会が不十分なFWパウロ・ディバラへの関心を示唆した。

「イカルディのユベントス移籍?我々に彼を放出する意思はない。パラティチが言ったことならディバラにも当てはまる。6月にどうなるか見守ろうではないか」

 なおイカルディの去就については、総会に同席していたインテルのスティーブン・チャン会長も同様に言及。ユベントスへの流出を否定した。

「マウロは我々にとって非常に重要な選手であり、まもなく契約の更新について話し合う。サッカー界において、ユベントスとの取引は絶対ないとは言い切れないが、イカルディに限った話では、ユベントスに移籍する可能性はない」

●セリエA2018-19特集
●注目試合をチェック!!“初月無料”DAZNでライブ配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP