beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

モウリーニョ、“犬猿の仲”ベンゲルへの尊敬語る「食事や会談…素晴らしい機会をもらった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョゼ・モウリーニョ氏がアーセン・ベンゲル氏について語った

 “犬猿の仲”として知られた2人の指揮官だが、互いにリスペクトの気持ちがあったのかもしれない。ジョゼ・モウリーニョ氏がフランス『ローレウス』のインタビューで、アーセン・ベンゲル氏について語った。

 それぞれ長くプレミアリーグで活躍した両指揮官。2004年にチェルシー監督に就任したモウリーニョ氏は、プレミアリーグ3度優勝(04-05、05-06、14-15:チェルシー)。アーセナルを22年率いたベンゲル氏も3度リーグ戦を制する(97-98、01-02、03-04)など、イングランドトップリーグの歴史を築いてきた。

 そんな両者だが、“犬猿の仲”として知られている。当初はそれほど対立も激しくはなかったが、徐々に激化。ポルトガル人指揮官はベンゲル氏を「失敗のスペシャリスト」と呼ぶなど、事あるごとに舌戦を繰り広げてきた。

 しかし、本心ではリスペクトの気持ちを持っていたようだ。先日『ローレウス』ワールドスポーツ賞を受賞したベンゲル氏に対し、インタビューで称賛を送っている。

「すべては2004年に始まった。勝利への野望を胸にイングランドへ渡った私を待っていたのは、2人(アレックス・ファーガソン、ベンゲル)の偉大な指揮官だった」

「彼らのことは心からリスペクトしている。一緒に食事をしたりミーティングをしたり……素晴らしい機会をもらった。お互いに敬意を抱いているんだ。ベンゲルは受賞するに相応しい。これまでの功績を考えればね。近い将来、サッカー界に戻ってくれることを願っているよ」

 メディアで度々舌戦が伝えられてきた両者だが、偉大な指揮官同士リスペクトを持っていたようだ。

●プレミアリーグ2018-19特集
●吉田、武藤の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP