beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

手倉森監督も満面の笑み…長崎が長谷川V弾で横浜FCを撃破!新体制初陣を白星で飾る

このエントリーをはてなブックマークに追加

手倉森誠新体制の長崎が白星スタート

[2.24 J2第1節 長崎1-0横浜FC トラスタ]

 24日、2019シーズンのJ2リーグが開幕。トランスコスモススタジアム長崎では、V・ファーレン長崎横浜FCが対戦し、FW長谷川悠の決勝点により長崎が1-0で勝った。

 昨季、クラブ史上初のJ1リーグで最下位に終わり、J2降格となった長崎は、手倉森誠体制初陣にDF角田誠(←清水)とDF亀川諒史(←柏)、FWイ・ジョンホ(←蔚山現代)、FW玉田圭司(←名古屋)の新戦力4人をスタメンで起用し、白星スタートを目指した。

 対する横浜FCは、昨季3位でJ1参入プレーオフに出場するも2回戦で敗退。2007シーズン以来のJ1復帰とはならなかった。新シーズン初戦は、スタメンに新戦力を含めず、熟成されたメンバーで開幕戦に臨んだ。

 前半はともにシュート5本だったが、よりゴールに迫ったのは長崎だった。19分、敵陣浅い位置で玉田がGK南雄太にプレッシャーをかけ、パスミスを誘発。インターセプトしたイ・ジョンホがPA手前まで運び、シュートを放ったが、懸命に戻ったGK南の正面に飛んでしまう。さらに31分には、PA手前でFKを獲得し、玉田が左足で狙うが、わずかに枠を外れた。

 後半も決定機が多く訪れたのは長崎。11分、MF島田譲が左CKからアウトスイングのボールを蹴り込み、イ・ジョンホがヘディングシュートを放つ。体勢を崩しながら頭で合わせたが、クロスバーに当たって得点とはならず。17分には、相手のクリアボールをPA手前から島田が強烈シュート。しかし、これもクロスバーを叩き、1点が遠い。

 横浜FCは後半17分にFW瀬沼優司、31分にMF齋藤功佑、34分にFW戸島章と攻撃的な選手を投入。先制点を狙いに行った。35分には、PA左から瀬沼がクロスを供給すると、MFレアンドロ・ドミンゲスがダイレクトでシュートを放つが、GK徳重健太の正面に飛んでしまい、チャンスを逃す。さらに42分にはDF田代真一が長谷川を押し倒して一発レッド。残りの時間を10人で戦うことになった。

 すると、均衡は後半45分に破れた。長崎はFKの流れから角田がシュート。相手のブロックに遭い、PA左に飛んだ浮き球のボールを長谷川が左足ボレーで完璧に合わせ、ニアの狭いスペースを抜けてゴールネットを揺らした。手倉森監督も喜ぶ選手たちに駆け寄り、笑顔でハイタッチした。

 試合はこのまま1-0でタイムアップ。長崎が1年でのJ1復帰に向けて好スタートを切った。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第1節 スコア速報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP