beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ムヒタリアンが1G1A、アーセナルがサウサンプトンに完封勝利!吉田はベンチ入りも出番なし

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘンリク・ムヒタリアンが1ゴール1アシスト

[2.24 プレミアリーグ第27節 アーセナル2-0サウサンプトン]

 アーセナルは24日、プレミアリーグ第27節でサウサンプトンを本拠地エミレーツ・スタジアムに迎え、2-0で勝った。

 前節ハダースフィールドに競り勝ち、連敗は免れたアーセナル。21日のヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦第2戦BATE戦からスタメン6人を入れ替え、FWアレクサンドル・ラカゼットやMFルーカス・トレイラ、DFソクラティス・パパスタソプロスらが先発した。

 アーセナルは序盤の2ゴールを守り抜いた。まずは前半6分、左サイドからFWアレックス・イウォビがクロスを供給すると、ゴール前に走り込んだトレイラが倒されたが、MFヘンリク・ムヒタリアンの左足ボレーをラカゼットがコースを変え、先制のゴールネットを揺らした。

 さらに前半17分、ラカゼットがDFジャック・スティーブンスにプレスをかけ、バックパスをGKアンガス・ガンが滑り込みながら前に蹴り出すが、イウォビがカット。そのまま縦に仕掛けて、中央に折り返したボールをムヒタリアンが右足で流し込み、2-0で完封勝利をおさめた。

 なお、サウサンプトンに所属するDF吉田麻也はベンチスタートも最後まで出番はなかった。

●海外組ガイド
●プレミアリーグ2018-19特集
●吉田、武藤の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP