beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

サポーターのつぶやききっかけで…大分待望、浅田飴とのコラボ製品販売決定

このエントリーをはてなブックマークに追加

片野坂知宏監督もこれで一安心!?

 大分トリニータは25日、株式会社浅田飴とのコラボ製品である「戦うのどに浅田飴」の販売が決定したことを発表した。3月2日に行うJ1第2節、大分のホーム開幕戦となる松本山雅FC戦の会場で販売が開始される。

 ついに念願のコラボ製品が完成した。昨年夏のこと、大分を指揮した片野坂知宏監督が試合中に声が枯れてしまい、指示が送れなくなるというアクシデントに見舞われた。当時はサポーターからのど飴やスプレーを借りて急場をしのいだが、次の試合からは『のど飴』が入った缶を抱えながら指揮を執っていた。

 この“事件”を受けて、とあるサポーターが「浅田飴さんが大分トリニータをスポンサードしてくれたら…」などとツイッターに投稿。するとこれに浅田飴公式アカウント(@seki_koe_nodo)が反応した。昨年9月にスポンサー契約を結ぶまでに至った奇譚は大きな話題を集めた。

 そしてこの度、サポーター待望のコラボ製品が完成。浅田飴の堀内邦彦代表取締役社長はクラブを通じて「サポーターはじめ皆さまの後押しのおかげで商品化することができました。弊社の本業で貢献できること、大変嬉しく思います」とコメント。クラブ公式マスコットのニータンはツイッター(@12neetan)で「トリサポさんだけじゃなくてアウェイサポさんのおみやげにもピッタリですね」と喜びをつぶやいた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP