beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

マンチェスター・シティのユニフォームが来季からプーマに!長期提携を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

マンチェスター・シティなどCFGがプーマとサプライヤー契約を締結

 マンチェスター・シティは28日、親会社であるシティ・フットボール・グループ(CFG)とプーマがオフィシャルユニフォームサプライヤー契約を締結したことを発表した。

 2019年7月からプーマは、マンチェスター・シティ、オーストラリアのメルボルン・シティ、スペインのジローナ、ウルグアイのCAトルケ、中国の四川九牛FCの計5クラブのオフィシャルパートナーとなり、トップチームをはじめ、男子、女子、ユースチームを含む全てのカテゴリーのチームにユニフォームを供給することになる。

 その一方で、シティ・フットボール・グループに所属するニューヨーク・シティ横浜F・マリノスはユニフォームサプライヤーの変更はない。


 マンチェスター・シティの男子チームキャプテンであるDFビンセント・コンパニ、MFダビド・シルバ、FWセルヒオ・アグエロとプーマはすでにウェア・スパイクなどの個人契約を結んでおり、今後はさらなる個人契約締結を目指すという。

●プレミアリーグ2018-19特集
●カラバオ杯2018-19特集
●吉田、武藤の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP