beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ウタカと曽根田が2発!前線からのプレスがハマった甲府、山口に快勝で今季初白星

このエントリーをはてなブックマークに追加

甲府FWピーター・ウタカが2ゴール

[3.2 J2第2節 山口2-5甲府 みらスタ]

 2日、J2第2節が維新みらいふスタジアムで行われ、レノファ山口FCを5-2で下したヴァンフォーレ甲府が今季初勝利を飾った。

 ホームで迎えた柏との開幕戦を1-2で落とした山口は、先発2人を変更。GK吉満大介とFW高井和馬に代え、GK山田元気とMF小野原和哉が起用された。一方、アウェーでの開幕戦で大宮とスコアレスドローだった甲府は、FW横谷繁に代えてFW曽根田穣が先発に名を連ねた。

 今季初勝利を狙う両クラブ。試合は思わぬ形で動いた。前半3分、山口のDF楠本卓海がGK山田にパスをつなぐと、FWピーター・ウタカがすかさずプレス。GK山田が前に蹴ったボールがウタカに当たってゴールに吸い込まれた。さらに甲府は4分、曽根田のスルーパスで抜け出したウタカがGK山田をかわし、無人のゴールに流し込んで2-0とした。

 早々に2点を失った山口だが、前半10分に1点を返す。左CKのクリアボールをつないでMF吉濱遼平が左サイドから左足でクロス。FW山下敬大のヘディングシュートが相手に当たってゴール左に決まり、1-2と1点差に詰め寄る。しかし、甲府は17分にPA左からDFエデル・リマが折り返したボールを曽根田が左足で沈め、再び2点差とした。

 2点ビハインドで折り返した山口は、後半開始から吉濱に代え、右手骨折で包帯を巻いたFW工藤壮人を投入。しかし、甲府は2分、GK山田へのバックパスに曽根田がプレスをかけ、キックミスを誘発。これを拾ったFWドゥドゥが華麗な切り返しから右足でゴールネットを揺らし、4-1とリードを広げた。

 苦しくなった山口は、後半20分に小野原に代えてFW高井和馬、24分にはMF田中パウロ淳一をFW高木大輔に代え、攻勢を強めた。すると、27分だった。右サイドから柔らかいクロスが入り、山下のファーストタッチは後方に流れたが、左足で鋭いシュートを放ち、2-4と2点差に縮めた。

 甲府は後半31分に決定機。カウンターからFWジュニオール・バホスがGK山田をかわし、無人のゴールに蹴り込むが、カバーに戻ったDF楠本卓海のブロックに阻まれる。さらにバホスがこぼれ球を拾い、右足を振り抜いたが、惜しくもクロスバーを直撃。それでも41分、バホスのパスから曽根田が決め、甲府が5-2で勝った。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第2節1日目 スコア速報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP