beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

鎌田のミドルは空砲…冨安もフル出場のシントトロイデンは6戦ぶり黒星

このエントリーをはてなブックマークに追加

冨安とともにフル出場したMF鎌田大地

[3.2 ベルギー・リーグ第28節 クラブ・ブルージュ1-0シントトロイデン]

 ベルギー・リーグ第28節が2日に行われ、5位シントトロイデンは敵地で2位クラブ・ブルージュと対戦し、0-1で敗れた。DF冨安健洋は4試合連続で先発フル出場し、19試合連続スタメンのMF鎌田大地も90分間プレー。ベンチ入りしたMF関根貴大とFW木下康介は出番なしとなった。

 前半をスコアレスで終えた試合は後半に動く。クラブ・ブルージュは後半29分に右CKの競り合いでPKを獲得。同31分、キッカーのMFハンス・バナーケンが右足で落ち着いてゴール右に沈め、先制点を挙げた。

 追いかけるシントトロイデンは後半37分にFWヨアン・ボリのパスを受けた鎌田がPA手前中央から右足を振り抜くも、シュートはゴール右に外れる。その後も相手を攻め立てたが、0-1で試合終了。シントトロイデンは6戦ぶりの黒星を喫した。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2018-19特集

TOP