beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

長崎総附からの白星で攻守に自信得た宮崎日大、新人工芝Gで力積み上げて全国へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

宮崎日大高MF矢野翔大が相手を外しながらパス

[3.3 交流試合 宮崎日大高 1-0 長崎総合科学大附高 宮崎日大高第2G]

 宮崎日大高は「後半、相手が出てくることは分かっていたから、守備陣は油断せずに頑張ってやろうと話していました」と振り返るCB田崎常慈主将(2年)やCB小野翔汰(2年)、GK東上里康登(2年)を中心に長崎総合科学大附高の反撃を凌ぎ切って1-0で競り勝った。

 相手のパワーのある縦、サイド攻撃に苦しみながらも跳ね返して無失点勝利。田崎は「得意ではないタイプでやりにくい相手だったのでちょっと不安だったんですけれども、みんなで声をかけながらやれたので良かったです。総附さんは攻撃力が強いイメージがある。その相手に無失点でやれたのは自信になりました」と自信をつけたようだ。

 一方、攻撃面でも選手たちは手応えを感じたようだ。完成したばかりの人工芝グラウンドでトレーニングしてきた成果を発揮。特に前半は大型FW川野寛登(2年)らが飛び込んでくる相手を冷静にかわしてボールを握り、後半も含めて素早いパスワークでの崩しもあった。

 後半、押し込まれる中でセカンドボールを拾い、プレッシャーを受ける中でギリギリのパスを通していた司令塔・MF矢野翔大(2年)は「(チームとして)だいぶ自信になりました。セカンドボールを拾うことによって2次3次と攻撃できる。セカンドボールを意識しながら攻撃できていたので、テンポが良かったと思います。個人的には自分が試合を作れるような選手になりたい。(自信のあるプレーは) パスの質、正確さ、展開力、セカンドボールを拾うところ」。個々の力は昨年よりも劣るという今年だが、人工芝グラウンド完成記念式典後に観戦した人々からは「(チームとして、3大会で宮崎準優勝だった)去年よりもいいね」と期待する声も上がっていた。

 理想の選手像についてMF山口蛍(神戸)の名を挙げる矢野は守備に加えて、チャレンジするパスや攻撃参加を増やしていく意気込み。人工芝グラウンドの完成によって質も意識も上がっているという中、貪欲に自分たちの力を積み上げる。そして、目標は「今年、まだあとタイトル2つ残っているので優勝して全国に行ければいいと思っています」と矢野。人工芝グラウンドの完成、“記念試合”での強豪・長崎総合科学大附高からの白星、得た自信を必ず今後に繋げる。

(取材・文 吉田太郎)

TOP