beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

リバプールがレアルの“魔術師”に興味…マンU、ユーベと争奪戦か

このエントリーをはてなブックマークに追加

リバプールがイスコに興味

 リバプールレアル・マドリーに所属するスペイン代表MFイスコ(26)獲得に興味を示している。地元紙『リバプール・エコー』が報じた。

 2013年6月にマラガからレアルに加入したイスコは、ボールテクニックに優れ、ドリブルやパスなどチャンスメーク能力が高いMF。ここまで公式戦266試合45ゴールを記録しているが、今季リーガ・エスパニョーラで先発5試合にとどまっており、出場機会が限定されている。さらにサンティアゴ・ソラーリ監督との確執も報じられ、先月27日のバルセロナ戦ではホーム開催にもかかわらず、招集メンバーから外された。

 2022年までレアルとの契約が残っているイスコに対して、イタリア『トゥット・スポルト』によると、リバプールが興味を示している模様。今夏の獲得リストに追加したという。イスコにはマンチェスター・ユナイテッドユベントスも獲得を狙っており、争奪戦になることが予想される。

●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集
●プレミアリーグ2018-19特集
●柴崎、乾の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP