beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

3連覇中のレアルがCL敗退危機…前半に逆転許す2失点&2選手が負傷交代

このエントリーをはてなブックマークに追加

前半に2失点を喫したレアル

[3.5 欧州CL決勝T1回戦第2戦 R・マドリーvsアヤックス]

 3連覇中の王者がピンチに陥っている。レアル・マドリー(スペイン)は5日、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝トーナメント1回戦第2戦でアヤックス(オランダ)とホームで対戦。前半に2失点を喫し、2試合合計2-3で前半を折り返した。

 2月13日に敵地に行われた第1戦を2-1で制したレアル。第2戦も序盤こそチャンスを作ったが、前半7分に自陣でのスローインをカットされると、MFドゥサン・タディッチのラストパスをMFハキム・ジイェクに左足で押し込まれ、アヤックスに先制を許した。

 前半18分には再びタディッチのアシストから、今度はFWダビド・ネレスに右足で決められて0-2。追い打ちをかけるように同29分にFWルーカス・バスケス、同35分にはFWビニシウス・ジュニオールが負傷交代。代わってFWガレス・ベイル、MFマルコ・アセンシオが投入されたが、前半を0-2で終え、2試合合計2-3とビハインドでハーフタイムを迎えた。

●チャンピオンズリーグ(CL)18-19特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZNでライブ配信中
●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集
●オランダ・エールディビジ2018-19特集

TOP