beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

昨年に森保Jへの4-0大勝に貢献…徳島がウズベク代表FWを獲得

このエントリーをはてなブックマークに追加

徳島がウズベキスタン代表FWウリンボエフを獲得

 徳島ヴォルティスは6日、パフタコール(ウズベキスタン1部)よりFWウリンボエフ(23)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は30に決定している。

 ウズベキスタン人のウリンボエフは1995年生まれの23歳FW。年代別のウズベキスタン代表に名を連ね、昨年1月に行われたAFC U-23選手権にも出場した。準々決勝では、初の公式大会に臨んだ森保一監督率いるU-21日本代表と対戦。1トップで先発出場し、4-0の大勝に貢献した。その後、チームは初優勝を達成。また、A代表では国際Aマッチ通算2試合に出場している。

 徳島加入にあたり、「ウズベキスタンから来ましたウリンボエフです。ザビと呼んでください。ずっと前から日本サッカーに興味があって、今回徳島に来れたことを嬉しく思います。これから自分自身、クラブと一緒に成長していけるように一生懸命頑張っていきます」と挨拶している。

以下、クラブ発表プロフィール

●FWウリンボエフ
(Zabikhillo URINBOEV)
■生年月日
1995年3月30日(23歳)
■身長/体重
186cm/72kg
■出身地
ウズベキスタン
■経歴
FCブニョドコル-FCアルマリク-FCパフタコール・タシュケント-PFCメタルルグ・ベカバード
■代表歴
ウズベキスタン代表:2試合

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●2019年Jリーグ移籍情報

TOP