beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

レアルは死んだのか…ナチョ「一時代が終わったわけではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

レアルがまさかのベスト16敗退

 レアル・マドリーのDFナチョ・フェルナンデスは、ホーム試合でアヤックスに1-4で敗れ、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)から敗退したことを受けて、「一時代が終わったわけではない」と語った。スペイン『マルカ』が伝えている。

 レアルは直近5試合で4敗を喫し、スペイン国王杯(コパ・デル・レイ)に続いて欧州CLも敗退。2015-16、2016-17、2017-18シーズンと前人未到の3連覇を果たした王者がベスト16で姿を消した。アヤックス戦でも退場となったナチョは「これで一時代が終わったわけではないと思う。このチームはとても良い」と前を向いた。

「もっと選手を補強すべきとか、レアルは終わったとか、なんでも言えばいい。だけどこのチームはすべてのトロフィーを手に入れるだけの実力をもっていたんだ」

「シーズンを通して厳しい状況が続いた。それは今日だけじゃなくてね。とてもつらい日になったが、強くて成熟したチームであり続ける必要がある。僕らがこれまで成し遂げたことは、これからもずっとみんなの記憶に残るだろう」

 栄光を知るナチョは「頭を上げて、ミスから学ぶ必要がある。だけどそれでも、これまで成し遂げてきたことを忘れてしまってはならない」と説いた上で、「サポーターたちの怒りは理解できる。だけどなによりもつらく感じているのは僕らだ」と明かした。

●チャンピオンズリーグ(CL)18-19特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZNでライブ配信中
●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集
●オランダ・エールディビジ2018-19特集

TOP