beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

槙野が2年連続チーム1号弾!!今季4戦目の初勝利に「これが最低限。上出来とは思ってない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

後半5分に先制点を決めたDF槙野智章

[3.6 ACLグループG第1節 浦和3-0ブリーラム・U 埼玉]

 浦和レッズのシーズン第1号ゴールは2年連続でDF槙野智章がもたらした。スコアレスで折り返した後半5分、MF柏木陽介の左CKからゴール前でマークを外してフリーになった槙野がヘディングシュートを叩き込んだ。

 膠着状態を打ち破る貴重な先制点はチームにとっても今シーズン初ゴールだった。川崎Fに0-1で敗れた富士ゼロックススーパーカップに始まり、Jリーグも開幕から2試合で仙台と0-0、札幌に0-2と無得点での未勝利が続いていた。今季公式戦4試合目で生まれた待望の一発。「今まで数多くのゴールを決めてきたけど、(チームの)スイッチを入れる、流れを変えるゴールというのはあまりなかったのでうれしかった」と自然と笑みが広がった。

 昨季もJ1開幕戦のFC東京戦(△1-1)でチームのシーズン初ゴールを決めていた槙野。2年連続の1号弾となったが、「現代サッカーでは守りの選手にも攻撃で力を出すことが求められている」と胸を張る。その後は試合がオープンな展開となったこともあり、MF橋岡大樹が2点を追加し、3-0の快勝。今季公式戦4試合目でようやく初勝利をつかんだ。

「今日見せたプレーと結果は最低限。上出来とは思っていない。これをベースにして上積みしていかないと」。そう言って表情を引き締める槙野は、この1勝ですべての課題が解決されたとは考えていない。「札幌戦はファウルできる位置にもいられなかった。今日は相手とのデュエルも増えて、そういう準備や予測ができていた」。守備面でも前回の試合から改善されたことは実感しながらも満足はしていない。「今日のようなプレーは当たり前に毎試合やらないといけない」。アジア王者奪還へ、目指すべきゴールはもっともっと高みにある。

(取材・文 西山紘平)

●ACL2019特設ページ

TOP