beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

マンUがCL史上初の逆転突破!終了間際にビデオ判定、ラッシュフォードがPK決めてパリSG撃破

このエントリーをはてなブックマークに追加

マーカス・ラッシュフォードのPK弾でマンチェスター・ユナイテッドが逆転突破

[3.6 欧州CL決勝T1回戦 パリSG 1-3 マンチェスター・U]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は6日、決勝トーナメント1回戦第2戦の2試合を行い、パルク・デ・プランスではパリSG(フランス)とマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)が対戦。後半アディショナルタイムにFWマーカス・ラッシュフォードがPKを決めて3-1で勝ったユナイテッドが、2試合合計3-3とし、アウェーゴール差で逆転突破を決めた。なお、準々決勝の組み合わせ抽選会は15日に行われる。

 パリSGはFWネイマールやFWエジソン・カバーニ、DFトーマス・ムニエを負傷で欠く中、アウェーでの第1戦を2-0で勝利。ホームでの第2戦も同じメンバーで臨み、3年ぶりの8強入りを狙った。一方、負傷者続出のユナイテッドは、MFポール・ポグバが出場停止。FWアントニー・マルシャルらも間に合わなかった。スタメンは第1戦から5人を入れ替え、MFフレッジやMFアンドレアス・ペレイラ、MFスコット・マクトミネイらを起用した。

 試合は開始早々に動いた。2点を追うユナイテッドは前半2分、左サイドのDFティロ・ケーラーの中途半端なバックパスを見逃さなかったFWロメル・ルカクがGKジャンルイジ・ブッフォンをかわし、滑り込みながら左足で流し込み、1-0。2戦合計1-2で1点差に詰め寄った。

 ミスから先制点を許したパリSGだが、徐々にボール保持率を高めていくと、前半12分に追いつく。DFダニエウ・アウベスの縦パスに反応したFWキリアン・ムバッペが滑り込みながら中央へ折り返し、ファーサイドをフリーで駆け上がったDFファン・ベルナトが難なく左足で押し込んで1-1。試合を振り出しに戻し、2戦合計でも再び2点差とした。

 攻撃の勢いが増すパリSG。その一方でユナイテッドはDFエリック・バイリーが右SBを務めるなど、守備で不安定さが露呈する。20分、パリSGはMFアンヘル・ディ・マリアのパスを再びフリーで走り込んだベルナトに決定的なシーンが訪れるが、左足で放ったシュートはGKダビド・デ・ヘアの正面を突いた。

 それでもユナイテッドはFWマーカス・ラッシュフォードが積極的に縦に仕掛け、前半29分にPA左から左足シュートを放つなど応戦。すると、30分だった。A・ペレイラのパスを受けたラッシュフォードがPA手前から右足を一閃。縦回転のかかったミドルシュートをGKブッフォンが弾き、詰めていたルカクが左足で流し込み、2-1とした。だが、35分にアクシデント発生。バイリーが負傷によりDFディオゴ・ダロットとの交代を余儀なくされた。

 前半は2-1で終了。パリSGがボール保持率70%越えと圧倒しながらも、ユナイテッドが逆転へ後半に望みをつないだ。パリSGは6分、MFマルコ・ベッラッティの縦パスをムバッペがフリック。相手の股下を抜き、裏へ飛び出したディ・マリアが左足でゴールネットを揺らしたが、オフサイドと判定された。一方、ユナイテッドは12分、ルカクの治療中にオーレ・グンナー・スールシャール監督が選手を呼んで指示。4-4-2から5-4-1に変更し、サイド攻撃、裏を狙うパリSGに対して対策を講じた。

 最後のところで体を張るユナイテッドの守備をなかなか崩せないパリSG。後半24分には、右サイドからクロスを上げた際にMFユリアン・ドラクスラーが左腿裏を痛めて交代を要求し、ケーラーも下げて2枚替え。MFレアンドロ・パレデスとムニエを投入した。防戦一方のユナイテッドは、30分あたりから再びルカクとラッシュフォードの2トップにし、35分にはA・ペレイラに代えてユース育ちの19歳MFタヒス・チョンをピッチに送り込んだ。

 パリSGは後半38分、ベッラッティのスルーパスで抜け出したムバッペに決定機。飛び出したGKデ・ヘアをかわしにいくが、雨で濡れたピッチに足を取られ、DFクリス・スモーリングに止められてしまう。こぼれ球にベルナトが詰めるも、左足シュートは左ポストを叩いた。

 突破にはあと1点が必要なユナイテッドは、後半42分にDFアシュリー・ヤングを下げて、17歳のFWメイソン・グリーンウッドを投入。厳しい台所事情の中、スールシャール監督が勝負に出た。すると、45分にダロットのミドルシュートからDFプレスネル・キンペンベにハンドがあったとして、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)でPKと判定。キッカーを務めたラッシュフォードが冷静にゴールネットに突き刺した。

 この結果、第2戦はユナイテッドが3-1で勝利。2試合合計3-3となったが、アウェーゴール差でユナイテッドが逆転で準々決勝進出を決めた。なお、データサイト『オプタ』によると、欧州CLのノックアウトステージにおいて、ホームでの第1戦を2失点以上したチームが次のラウンドに進むのは、ユナイテッドが史上初だという。

●チャンピオンズリーグ(CL)18-19特集
●プレミアリーグ2018-19特集
●フランス・リーグアン2018-19特集
●世界最高峰の戦いを見逃すな!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

TOP